元NBAスターがTriumph Esportsに出資


NBAレジェンドのケビン・ガーネットが新興チームのTriumph Esportsに出資することが明らかに。

Triumph EsportsはesportsトーナメントのRivalscadeを主催運営する企業で、オープンディビジョンからコンテンダーズNAへと勝ち上がったTriumph Gamingを所有しています。

ケビン・ガーネットは引退後、3on3のバスケット/サッカーツアーなどを開催するBig Ticket LLCを設立、Triumph Esportsへはこの会社を通して出資することになります。

傘下のTriumph GamingはInfinite EntertainmentやWisntons Labに携わっていたJake “Epic” Laumannと、今はなきヒューストンのアカデミーでコーチを務めいたPyyyourによって2018年10月に設立されたチーム。

orgチームはコンテンダーズないしトライアル出場権を他チームから買取るのが通例ですが、あえてチームはオープンディビジョンから勝ち上がり、その姿をSNSを通して積極的にプロモートすることで多くのファンを獲得、現在コンテンダーズNAWではプレーオフ準決勝へと駒を進めています。