OGN APEXシーズン1を制し悲願のビッグトーナメント優勝を果たしたEnVyUsの試合後のチームインタビューです。

‐優勝おめでとう。いまの気持ちは?

INTERNETHULK:韓国はeSports王国で僕は何年もOGNのStarCraftやLoLのトーナメントを観てきた。その僕がOGNトーナメントで、特に海外チームの一員として優勝できたことが信じられない、夢のようだ。ビザの問題やロスターの変更もあって楽な道のりではなかったけど、こういった困難にも関わらず優勝できてとても幸せな気分だ。

Mickie:とてもハッピーだよ。INTERNETHULKから突然チームに加入するよう頼まれた時、僕は彼らがトーナメントを諦めたのかと思った(笑)だけど僕らはすぐにうまくいったし、スクリムも最初からとてもよかった。そして全てを勝ち取った。ほんとうにファンタスティックだ!

HarryHook:僕らはチームとしてタフな時期を経験した。Talespinが去ってMickieとのプレーを学ぶ必要があったしそのための時間も必要だった。OGNトーナメントで海外のチームが勝つことは滅多にないことで、そこで僕らが優勝できたことにとても満足している。

Taimou:僕が今バカみたいに笑っているのは、それだけ嬉しいってことだよ。僕らはLANトーナメントで2回準優勝が続いて、これが三度目のファイナルになる。そしてついに手にした優勝がOGN APEXでとても幸せな気分だよ。世界最高のリーグだからね!

Chipshajen:僕らはトーナメントが進むごとに強くなっていったと思う。結果とパファーマンスにはとても満足しているし、これからもよい結果を残すことができると信じている。

Cocco:ハッピーだよ。これまでの2つのLANイベントでは本命視されながら2位どまりだった。今回は他のトップチームと比べると評価が低かったけど優勝できて最高の気分だ。

‐4-0という結果は想像していた?

INTERNETHULK:Afreeca Freecs BlueはKongdoo UnciaやRogueよりも弱いだろうと予想していたから、簡単にスウィープできるかもしれないとは思っていた。AF BlueのプレイメイカーはArHanのゲンジだけだから、彼を抑えることができれば勝てると思っていた。今日の僕らはとてもよい仕事をした。正直に言うと、UniciaやRogue戦のほうがタフだった。

‐今日は会場も大きくオーディエンスも多かったけど緊張した?

Taimou:そうでもないよ。僕は緊張するタイプではないし。BlizzConの会場も今日のKINTEXと同じくらい大きかったし、これまでに何度も同規模の会場でプレーしたこともあった。

‐HarryHook選手、今日のソルジャーは素晴らしいプレーでした。自分ではどのように評価してる?

HarryHook:今日はまずまずのゲームだった。でも4-0で勝てて本当に喜んでいる。目は充血しちゃって疲れ果てたよ。BO7であれ以上試合が長引いてたらきつかったかもしれない。

‐Hollywoodの防衛でシンメトラを出してきた理由を説明してもらえる?

INTERNETHULK:シンメトラはHoolywood用に特別に用意したプランだった。僕はルシオでプレーしていたけど、プレーしてるうちにルシオのヒールとスピードバフはHoolywood(A防衛)では素晴らしいとは言えないことに気づいた。シンメトラは相手のゲンジからアナとソルジャーを守ることにかけては素晴らしい働きをする。

‐少し前にシンメトラのリワークが明らかになったけど、彼女がプレーされる機会は増えると思う?

INTERNETHULK:今回の変更は彼女にとって大きな強化になったと思う。スピーディーでハイペースな戦術を好むチームは彼女をピックしないかもしれないけど、彼女は僕らのプレイスタイルに合ってると思うから、僕らなら多分ピックすると思う。

‐パッチ後にDVAがザリアの座を奪っているけど、DVAは今後もその座に留まることができるかな?

Cocco:DVAはダイブコンプにとって最適だと思う。ラインハルトは彼女と一緒にいればディフェンスマトリックスでシールドを割りにくるダメージを吸収してくれるからシールドをより長く維持することができる。今日の試合でAF Blueがなぜもっと彼女を多く出してこなかったのか分からない。

‐話は変わるけどオーバーウォッチワールドカップは楽しめた?ブリザードがBlizzConをプロチームではなく代表チームがプレーする場として選択したことをどう思う?

Cocco:韓国を除くすべてのチームが苦しんでいたように思う。個人的には世界最高のプレイヤー達がトップレベルの大会で競い合うことが好ましいと思っているから、ワールドカップのコンセプトはあまり好きではないね。決めるのはブリザードだからそれを尊重するけどね。

Chipshajen:投票するのは難しかったけど、全体的にはとても楽しかった。特にヨーロッパの多くの国は素晴らしい選手が沢山存在していて、ベストな選択は難しかった。僕はトップレベルのプレーが見たいから、プロチームが招待される形のほうが好ましいとは思うけどね。代表チームは確かにエキサイティングな要素ではあるけど、メンバー同士満足のいく練習をこなすことは現実的ではないね。

Taimou:僕は好きだよ。とても特別な経験だったし、多くの新しい選手やチームと出会ったことで自分の視野を広げてくれた。ただ、どれか一つを選べと言われたらプロチームによる戦いを選ぶ。ワールドカップとプロチームではレベルがかなり違う。もしかしたら、2~3年もすればシーンがもっと大きくなってプロチームでも代表チームでもレベルの高いプレーを見ることができるかもしれない。

HarryHook:他の皆も言ってるとおりとても楽しかった。僕はアナでプレーすることになって彼女と対峙した時にどうプレーすべきか学ぶことができたし、お互いに戦術や知識を交換することはとても素晴らしいことだった。ただ、もし選べと言われたらプロチーム同士の戦いを選ぶと思う。そのほうがより均衡のとれたフェアなトーナメントになると思う。

Mickie:ここでは僕だけ例外みたいだけど、僕は代表チーム同士の戦いを選ぶよ。僕は上手に英語を喋れるわけではないし、プロチームでプレーするとなると、タイ代表のチームメイトと違って思ったようなコミュニケーションを取ることができないから。タイにはプロシーンがなくて、プレイヤーの多くがフルタイムで別の仕事を持っている。

INTERNETHULK:プロチームならずっとハイレベルなプレーを見せることができる。ドイツ代表でのプレーは勿論楽しかったけど、僕なら100%プロチーム同士の戦いを選択する。ドイツ代表では世界最高のチームになれるとは思えなかったけど、EnVyUsでならそう思うことができる。僕はTaimouに同感で、もしシーンがこれから十分に大きくなれば、どちらの戦いでも素晴らしいものになると思う。

‐次はMLG Las Vegasだけど興奮してる?

Mickie:ここであっと驚く発表がありまーす。僕はMLG Las VegasまでEnVyUsでプレーすることが決まりました!MLGでもまた優勝できるかは分からないけど、素晴らしいチームメイトと過ごすすべての瞬間を楽しむつもりです。僕の人生においてもとても幸せなことだし、彼らと一緒にいる時はとても幸せなんだ。

‐ラスヴェガスでのプレー次第ではMickieがチームに正式加入することになるのかな?

INTERNETHULK:ヴェガスでもよい結果が出せれば、僕なら今後もMicKieと一緒にプレーして、ロスターに残るよう考えると思う。僕らはOGN APEXで勝利したばかりだし、誰も彼を追い出すことはできないよ、今すぐにはね!(笑)

‐APEXシーズン2でもしOGNが招待したら韓国に戻ってくる?これが最後の質問だから、最後に何かあれば遠慮なくコメントしてほしい。

Cocco:当然戻ってくるよ。韓国のファンにはありがとうと言いたい。彼らの熱狂ぶりは別次元でほんとうに信じられないものだった。そして家族とチームメイトにも感謝したい。

Chipshajen:もちろんさ。韓国はとても素晴らしかったし多くの点で僕にとっては驚くべき経験だった。ファン、家族、チームメイト、そしてEnVyUsにとても感謝している。

Taimou:イエス!今が人生の中でもっとも幸福な瞬間だよ。僕は人生の半分を韓国eSportsのファンボーイとして過ごした。そして今は韓国のプレミアムトーナメントで優勝することでき信じられない気持ちさ。夢が実現したよ。ファンの皆ありがとう!君たちは僕の第二の家族だ。そしてオーナーのhastr0もね。

HarryHook:当然だよ。ここにいる皆のことを愛している。いくつか食べ物に馴染むのに問題があったけどね。OGNでの経験は素晴らしいものだったし、海外のチームがOGNのプレミアムトーナメントで優勝するという偉業も達成できた。ファンと僕を信じてくれた人、愛すべき家族、僕をチームに誘ってくれたINTERNETHULK、これら全ての人に大いなる感謝を。EnVyUsの一員としてまたここに戻ってきたい。

INTERNETHULK:是非戻ってきたい。韓国での2ヶ月間はとても幸せだった。こんなにも沢山のファンがいるなんて知らなかった。いつも試合に来て応援してくれた人たちに感謝している。そしてネットの向こうからエネルギーを送ってくれた人たちにもね。EnVyUs、スポンサー、そしてオーナーのhastr0のおかげだ、感謝している。