ヒーローピックBANに関するJakeの見解



トッププロを巻き込み様々な議論が交わされているヒーローピックBANに関するJakeの意見。


※原文はツィートのスレッドで確認してください。

ヒーローBANの反対意見として、ヒーローの多様性を狭めるという意見がよくあるけど、OWLやコンテンダーズというコンペティティブな文脈ではそれは間違った考えだと思う。

大会などのコンペティティブなフォーマットでは、(A)5セットにつき同一ヒーローをBANできるのは1回まで。または、(B)事前にBANされないようにプロテクトするフェーズを設ける。このどちらかを用いてBANピックを制限することができる。両方とも賛成だけど後者は段取りが難しいかもしれない。

マップごとに異なるヒーローをBANすれば機能的に同じコンポジションを何度も繰り返しプレーすることはできなくなる。同じコンプを飽きるほど繰り返すことが、あらゆるメタをつまらないものにしてきた。

同じコンポジションで何度もプレーすれば、プレイヤーはより各自の役割に習熟して、チームも対戦相手のことを熟知するようになってくる。こういったことを変えるにはここで挙げたルールを使うしかない。

開発がプレイヤーベースの大部分を相手にバランス調整をしている以上、完璧なバランス調整を達成することは理論的に不可能だ。プレイヤーベースのごく一部のための調整であれば完璧な調整をすることは可能かもしれない。