本日の雑記(12/2🔄22:00)APEX Seasonを沸かせたあの4チームが復活? / マグネットグレネードは強すぎる?他

雑記

Yeah, Hanzo’s Arrow hitboxes are totally fair from Overwatch

とんでもない角度でヒットするハンゾー矢の弾道。まるで旧スキルの矢散五裂のようですが、これは矢のヒットボックスの問題ではなくレイテンシーが原因と思われます。

OWでは常に撃った側のレイテンシーが優先されるらしく、カバーに隠れた後にヒットする現象もこれが原因とのこと。


3 clips of cryo freeze not going according to plan :) from Overwatch

「クリオフリーズで粘るメイの正しい処理方法」

  • 「メイ専だけど、ブロックを早めに解除することで生き伸びられたケースは皆が思っている以上に多いよ」
  • 「よくやった」
  • 「メイに相応しい死に様だ」

韓国公式アカウントがAPEX Seasonを沸かせたGC BusanとKongdoo Panthera、そして謎の2チームの復帰を示唆しており、オールドファンの注目を集めています。

OW2と共に帰ってきた我らがレジェンド達GC BusanとKongdoo Panthera…そして明日のこの時間、残る2つのチームを確かめに来てください。

GC BusanはProfitも所属していたAPEX Season 4の優勝チーム、KDPはBirdringはじめ多くのリーガーを輩出したAPEX S3の準優勝チームです。

さらに、そのロゴマークのシルエットだけが公開された残り2チームといえば…もうこれ以上言う必要はありませんね。

あくまでも個人的な予想ですが、これらの4チームに所属したOB選手らによるエキシビションマッチが開催されるのかもしれません。


「バイクに乗ってるとこ見せてあげたいな」。このバトルパス報酬の台詞をきっかに多くのバイクにまたがるキリコのファンアートが作成されましたが、その中でもかなりレベルの高い作品。

先日にはUnityで作成した、バイクにまたがりラインハルトを轢き殺す新アルティメットも話題になりました。


もう二度と見られないであろう毎年恒例のこの光景。アーロンのキャラクターを考えると今年ジェフの代わりにYule Log配信をやってくれる可能性は低そうです。


Overwatch 2 players not happy with Cassidy’s grenade - Dexerto
Overwatch 2 players continue to express their strong dislike of Cassidy's new magnetic grenade, which many believe is OP.

キャスディのマグネティックグレネードが強すぎるという投書にメインサブで3,000、コンペサブで900以上のいいねがつくなど賛同する意見が多く見受けられます。

単一アビリティとしては131ダメージは高すぎるという意見や、現状ではキャスディ自体がそこまで強くないことから、仮にキャスディがメタ入りするようなことがあれば、グレネードが争点になるだろうとする趣旨の意見も見られます。

また、「使ってもつまらない」など、射程が短い割に追尾性能ありといった、その機能面についても不満が多く、むしろフラッシュバンの復活を望む声が多いようです。

今のところシーズン2でキャスディの変更は予定されていないようですが、今後キャスディが環境入りするようなことがあれば、このグレネードにも目が向けられることになるかもしれません。



グレネードのセルフノックバックと味方のホッグを踏み台にして?高台のハンゾーを急襲するバスティオン。


When the dev team listened to players about map pools by removing them – revisiting April 9, 2020. from Overwatch

ユーザーからは廃止を望む声も少なくないOW2のマッププールですが、実は初代でもこのマッププールが採用されていたものの、不評だったことから、僅か数ヶ月で廃止されるということがありました。

ヒーロープールの改善とマッププールの廃止(2020/4/9)

しかしながら、ライバル・プレイ シーズンの開始に合わせて2ヵ月に1回マッププールを更新するのではなく、さらに更新頻度をあげてほしいというフィードバックがたくさん寄せられました。頻度を月1回にしてほしいという声もあれば、2週間や1週間ごとにしてほしいという意見もありました。ただ、マッププールのローテーション頻度を増やすとなると、私たちが目指していたライバル・プレイ シーズンの独自性が失われることになります。加えて、マッププールの入れ替わりが早まれば、マップが使用できなくなっていたことや元に戻ったことに気づかないプレイヤーも出てくるはずです。

そこで、ライバル・プレイのシステムをよりシンプルにするため、4月14日(太平洋夏時間)をもってマッププールのローテーションを終了します。今後、ライバル・プレイには「PARIS」と「HORIZON LUNAR COLONY」を除くすべてのマップが登場します。上記の2つのマップは、アップデートによってプレイ体験が改善された段階で復活させるる予定です。

これはその当時の開発ブログの記述ですが、いま改めてこの開発コメントに注目しているのが冒頭のポストです。

自分も含めマッププールが存在していたことを忘れていたユーザーも少なくないようですが、開発チームも不評につき終了したことを失念していたのかもしれませんね。

尚、OW2では新たに6マップが追加されましたが、2CPの5マップが廃止になったことで、通常ローテーション用マップの数自体は2020年4月当時より1つ増えただけということになります。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました