OW2のストーリーミッションについて、ジェフ


The OW2 Rio mission cinematic felt too short

Blizzconで試遊できたOW2ストーリーミッション(リオデジャネイロ)のイントロとアウトロのカットシーンについてジェフがコメント。

デモのイントロとアウトロは最終バージョンではなく、製品版ではもう少し長尺になる。アウトロも結末を見せないことを意図したものではなかったとのこと(ネタバレ:ルシオは死なずに脱出する)。
続きを読む

BirdringをリポートするKephrii


Kephrii reports Birdring for cheating from r/OverwatchTMZ

Birdring本人のツィートによると、ランクマッチで遭遇したKephriiにチーターとしてリポートされてしまった模様(ツィートは削除)。

0.25倍速で検証されたのかは定かではないものの、Birdring本人もエイムのデキは悪かったのになぜリポートされたのかよく分からないらしい。

altアカウントみたいだしKephriiもBirdringだとは知らなかったのかも。

スパークが新サポートコンビ加入を発表


杭州スパークがアカデミーから🇨🇳Coledest(サポート)と🇨🇳M1ka(サポート)の2人が昇格したことを発表。

アカデミーのBilibili Gamingでサポートコンビを形成した両選手だが、現時点ではBebeとIDKのバックアップと見られている。
続きを読む

ハンターズが4選手の加入を正式発表


成都ハンターズが以前の公式リークどおり🇨🇳Leave(ダメージ)、🇹🇼Ating(タンク)、🇨🇳Molly(サポート)、🇨🇳Lengsa(サポート)加入を正式に発表。

Leaveは元MY所属で2017年と2018年に中国代表としてW杯に参加。昨年からチームに合流しており、年齢規定を満たした今季が満を持してのOWLデビュー。
続きを読む

ヒューストンGMが引退したCoolmattについてコメント


ヒューストンGMのFlameが引退を発表したCoolmattについてコメント。

チームはRapelとMekoを獲得した時点で、補強資金が底をついたが、2020シーズンまで契約を残していたCoolmattが大幅なサラリーカットに応じてくれたことで、Jecseを獲得する余裕ができたとして、彼の無欲さとチームへの情熱は称賛に値すると賛辞を送っている。

3-2-1の実験結果についてジェフ


Blizzard save your game! go 1/3/2

昨年、12月中にDPS待ち時間の短縮を目的としたタンク1、ダメージ3、サポート2(ここでは3-2-1)の構成を開発内部でテストしたらしく、その結果についてのジェフのコメント。

————

2-2-2導入以前にはタンク1、サポート1、ダメージ4の構成を試したが酷い結果。問題はサポートで、1人しかサポートがいないために回復が回らず、常に相手チーム5人の標的にされる。そして、サポートが死ぬとチームが一瞬にして瓦解する。
続きを読む

ヒューストンのCoolmattが引退


ヒューストン・アウトローズのCoolmatt(米国、タンク)が現役を退き、チーム内の新たなポジションに就くことが決定。

リーグ最年長(30)のCoolmattは2年目となる昨季はステージ4の1試合のみ出場、オフシーズン中もファンからその去就が取り沙汰されていた。

ヒューストン加入前は前身ロスターのFNRGFEで活躍し、Fnatic所属時はAPEX、Overwatch Open、DreamHackといったビッグトーナメントに出場。2017年には米国代表としてW杯にも出場。

T1がロスターを発表


Fusion Universityからフィリーアカデミーを引き継ぐ形でコンテンダーズKRに参戦するT1がロスターを発表。

Funiから唯一の生き残りとなるNa1st、OWL入りが有力視されていた前RunawayのQoQ、前GC Busan WaveのIonといったメンバーの他、コーチには元ヒューストンのArhanが就任。

チームはフルコリアンではなく、SixFeetとZeerociousはNA地域の選手とのこと。

Talon EsportsがオールKRロスターを発表


戦わずしてコンテンダーズPACシード決定戦セミファイナルに進出したTalon Esports、ここ3日間に渡り発表してきたその最終ロスターが判明。

パリアカデミーに去ったPatiphanはじめロスター全員を入れ替えたものの、今季からリージョンロックが廃止になったこともあり、元RunawayのD3cal、前O2 BlastのArrow、DotoriとSwoonの前Team BlossoMコンビといったフルコリアンロスターに変身。

ヴァンクーバーが最終ロスターを発表


ヴァンクーバーが2020シーズンに向けた最終ロスターを発表。これまで発表された顔ぶれに変化なしということで昨季よりも少ない以下の8名で開幕を迎えることに。

来季はハードなスケジュールもさることながら、気まぐれなFissureの性格を考慮するとバックアップのいないMTを不安視する声も。
続きを読む