BirdringがLFT


ロンドン退団が決定し引退も囁かれていたBirdring(韓国、ダメージ)がLFTを出しています。

TwitLongerでも声明を出していますが、その中でBirdringはチームへの感謝の言葉を述べています。

また、シーズン2は開幕からGOATS環境下でザリアを任されたものの、思っていたようにプレーできず、自分のミスでチームが負け続けたことでプレッシャーが重なり、自身も失っていたとのこと。

今はすでに気持ちを新たにして新しいチームでやり直したいと、来季への抱負を明らかにしています。