【オーバーウォッチリーグ】Wolfが今季のキャスティングを行わないことが明らかに

2018-08-18 / Photo: Robert Paul for Blizzard Entertainment

OWLのアジア地域実況で知られるキャスターのWolfから、今シーズンはリーグの実況を担当しないことが明らかにされました。

リーグでは2019年からパートナーのAchiliosと共に実況解説を担当してきましたが、今季はBlizzardからはオファーが提示されなかったとのこと。

WolfはLCKの英語実況としてRiotと契約を交わしており、Riot側からは、リーグと日程が重ならないシーズン前半についてはOWLでキャスティングする許可を得ていたそうです。

OWLがオファーを提示しなかった理由については明らかにされていないものの、Blizzardは以前からタレント陣にはリーグ専業という形を求めてきたので、Riotとの契約をBlizzard側が嫌った可能性は捨てきれません。

実況パートーナーのAchiliosも最近ではヴァロラントのKR大会の実況も担当していましたが、リーグ続投ということであれば、AVRLとの新コンビ誕生という可能性も考えられます。