オーバーウォッチリーグ:前スパークのIdkが引退を表明


前杭州スパークの🇰🇷Idk(韓国、サポート)が引退を表明しています。

今季終了後にスパークを退団したIdkはその後LFTを出してはいましたが、新たな所属先は見つからなかったのか、今後については兵役が終了してから考えたいとしています。

チームのオリジナルメンバーでもあるIdkはルーキーシーズンにルシオで数々の印象的なプレーを演出し高い評価を受けています。OWL以前にはAfreeca Freecsの一員としてAPEX出場経験もあります。

メタがダイブからサステナビリティ優先に変遷する中で徐々に同選手の持ち味が失われていった感は否めませんが、今オフに多くのメインサポートがシーンを去るか契約獲得に苦戦しているところを見ると、MSに求められる能力が以前とは変わりつつあるのかもしれません。

今オフシーズンは多くの名選手が現役を退いており、今オフだけで20名以上の選手が現役引退や兵役に就くことを明らかにしています。