オーバーウォッチリーグ以前からOW競技シーンを追い続けた国内唯一のメディア

本日の雑記(10/27🔄12:30)

雑記

しつこく追いかけるRIPタイヤから鮮やかに逃げ切るFroggerルシオのグレートエスケープ。


昨日紹介したdiggerさんの「ジャンケンシュタインの復讐:怒りの花嫁」ガイドから「不吉な前兆」のバンシー目撃地点全7箇所。


ドゥーム専のGQOから、HPが十分にある状態のドゥームフィストがパワーブロック中の時は、パワーが充填できなくなるので回復しないでくれというキリコプレイヤーへのアドバイス。

パワーブロックは90ダメージ以上をブロックすると次に出すロケパンの威力が増えます。


OWLチームが続々とキリコのチームスキンを公開する中、ヴェイパーウェーブカラーで人気のフロリダ・メイヘムもキリコのスキンを発表。

新ヒーロー3人のチームスキンはまだリリースされていませんが、間もなく開幕するOWLシーズンプレイオフに合わせて発売されるのではないかと予想されています。


野良マッチで関ゼニヤッタとのコラボを果たしたYamatonキャスディが勝利を決めるデッドアイ3K。これが元OW日本代表二人の連携力。


Cassidy ulting right through Mei’s wall from Overwatch

メイのアイスウォールを貫通するデッドアイ。キャスディ視点でも壁越しにバッチリマーキングしています。

昨日のパッチ以降もこのバグはまだ修正されていないようです。


ハロウィンイベントのメインメニューを目を凝らして見ると、イベントロゴの丁度左上にTポーズをとったソルジャーの姿が…

There’s little guys on the Ilios loading screen from Overwatch

実は今は削除されたかもしれませんが、OW2リリース直後にはイリオスのロード画面でもTポーズをとった謎のモデルが複数確認されていました。


復活したバスティオンでザリアをしばき倒し嬉しそうなDafran。予想されていたザリアのナーフは一時お預けに。


「ジャンケンシュタインの復讐:怒りの花嫁」にはブラッドボーンの「灯り」がイースターエッグとして登場。これは「ランタンを灯せ」のチャレンジオブジェクトとしても使われています。

前作の「ジャンケンシュタインの復讐」ではダークソウルの篝火がイースターでしたが、次作があれば祝福がイースターとして登場するかもしれませんね。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました