追記2:[オーバーウォッチ2] マーシーに禁断の強制FPS低下グリッチが見つかる

Overwatch 2

マーシーに禁断の強制FPS落としグリッチが見つかったことが報告されています。

この報告によると、パライーソ攻撃側スタート地点の動画所定の位置にて銃を取り出すことで、何故が初期リスポーン位置に強制復帰となり、これを6-8回繰り返すことで銃の見た目が変わります。

銃と杖が合体したような見た目に

この状態から杖に持ち替えたままにすることで、自分だけでなく全プレイヤーのFPSも低下。さらにマーシーがデスする度に、FPS低下が激しくなるとのこと。

一方で、マーシーが杖から銃に持ち替えると、このFPS低下がマーシー本人のみ改善されるとのことで、他者のFPSを著しく下げたままプレーするといったことも可能だそうです。

フレームレート強制低下グリッチは、以前にジャンカータウンで一部のオブジェクトをザリアのビームなどで攻撃すると発生させることができましたが、その時は一定期間ジャンカータウンが利用停止になったことがあります。

今のところ再生数の少ないこの動画以外では報告事例を見かけないため、実際の影響度は不明ながら、もしパライーソで見に覚えのないフレームレート低下を感じた場合はこのグリッチが悪用されている可能性もあります。

追記

同じ検証チームのnsbunitedからも同様の報告があり、PC版でも同じグリッチを確認。

上記の手順を踏んだ後に杖を出したままにすると、フレームレートは一桁台にまで低下します。

追記2:
尚、このグリッチは①再入室、②開幕前のアッセンブル中にヒーローを選択しない、③マーシーが他ヒーローに変更、のいずれかで回避可能です。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました