「OWCS DreamHack Dallas Major」出場全8チーム短評

[OWCS] 「OWCS DreamHack Dallas Major」大会出場全8チーム短評

Overwatch Champions Series

Overwatch Championship Seriesは全地域で前半戦すべてのスケジュールが終了。5月末に開幕する「OWCS DreamHack Dallas Major」に出場する全8チームとトーナメント組み合わせが決定しました。

今回の記事では各チームの簡単な短評のみとなりますが、大会までにチーム紹介も改めて記事にしたいと思います。

尚、大会が開幕する現地5/31までにミッドシーズンパッチが配信される可能性が高いですが、最新パッチが同大会で採用されるかは未定です。新ヒーローのベンチャーに関しては、同大会からOWCS解禁となります。

EMEA

SpaceStation Gaming

SpaceStation Gamingがフルセットの末にEMEAステージ2チャンピオンの座に輝きました。Hadi、Sparkr、Landonらの元London Spitfire組に加えてEU最強ルシオのFunnyAstroが所属しています。今大会ではヒットスキャンSparkrの好調ぶりが目立ちました。ラインハルト神のHadiは今大会でもめげずにハルトを出すこともありましたが、基本はラマットラを使う機会が多かったです。

ENCE

両ステージで2位だったENCEはなんといってもEUのスーパースターKevsterの存在が大きいです。フィンランド代表VestolaとMasaaは昨年のW杯で韓国を破っているので韓国勢に対する苦手意識はないかもしれません。KaiはEUを代表するヒットスキャンですが、LipやProperといったKRのモンスター相手に撃ち勝つのは至難の業です。控えにはラインハルトOTPのLhcloudyもいます。

Twisted Minds

3位のTwisted Mindsは内紛により、Dallas行きが危ぶまれていましたが、ステージ1で稼いだサーキットポイントのおかげで辛くも出場権を手にしています。出場拒否しているタンクのKSAAが戻ってくれば、EU最強ヒットスキャンQuarz含めて昨年のW杯優勝サウジ代表が4人いるだけに韓国勢としても侮れない存在です。チーム状況がベストな状態であれば打倒韓国勢に一番近いと思います。チームにはKR助っ人が2人いますが今大会にはルール上出場できません。

NA

Toronto Defiant

Toronto Defiantがステージ1に続き連覇を達成しました。昨年のOWLシーズンMVPとファイナルMVPを擁する前線は安定感抜群です。この2人のKR助っ人のうち、Someoneは現時点で世界最高のタンク、Mer1tはLipに匹敵するハードヒットスキャンです。今ステージ好調な米国代表Sugarfreeはじめ、NAメンバーのパフォーマンス次第では韓国勢に一泡吹かせることも不可能ではないかもしれません。

M80

2位のM80はチーム結成翌日に解散するという事件はありましたが、ステージ2に入りPelicanとHappyの大物KR助っ人を補強しました。当初は低調なパフォーマンスでしたが、2人が米国入りすると遅延の問題が解消され、勝者側決勝では一度Torontoにも勝っています。HawkはKRタンクに匹敵する数少ない欧米タンクです。韓国勢と勝負になるかはサポート陣の頑張り次第です。

SOG

3位は台風の目となったStudents of the Gameです。OWL経験者はRak、Mirror、Calの3人だけですが、Infektedといった将来のNAタンクを担う逸材もいます。注目は人気OW配信者のPGEで、プロレベルでも十分に通用することを証明しました。現時点で今大会唯一のアマチュアチームです。

Asia

Crazy Raccoon

Crazy Raccoonが圧倒的優勝候補のTeam Falconsを破りAsiaステージ1優勝を達成しました。LipとShuに関してはもはや説明不要ですが、HeesanとJunbinの成長ぶりが著しいです。この2人の成長がCR優勝の原動力になったことは間違いないでしょう。とくにHeesanは大会MVP級の大活躍でした。中間パッチでメタに大きな変化がなければCR優勢は変わらないように思います。

Team Falcons

2位のTeam Falconsは結果的にCRに連敗という形でKR大会を終えました。中間パッチ後もヒットスキャンメタが続くようだと、打倒CRは厳しいかもしれません。Properがトレーサーを出せるような、ダイブ優勢のメタ環境になれば、CRと立場が逆転する可能性はあります。衰えが見られたSmurfやダイブ以外では持ち味が薄れるStalk3rにはより一層の頑張りが必要になります。

ダラス大会のトーナメントは、この画像ではシングルエリミネーションとなっていますが、敗者復活のあるダブルエリミネーション形式となります。順当にいけば韓国2チームのグランドファイナルになることはほぼ確実です。ブラケット的にはTeam Falconsの山のほうが比較的楽な相手が揃ってます。

当ブログが選定した現時点でのパワーランキングです。同じTierでも左のほうが評価は高いです。もしFTGとYetiが出場していたらA評価かそれ以上です。

以前の元OWLダラスコーチの評価ではKR>EMEA>>>>>>NAという評価でしたが、NAのトップ2チームはトップレベルのKR助っ人の存在が大きいので当ブログではNAを高めに評価してます。

タイトルとURLをコピーしました