エフィ主人公の小説がリリース予定


オリーサの生みの親でもあるエフィを題材にした「Hero of Numbani」なる小説が来年リリース予定とのこと。

米アマゾンの紹介ページによると、ヌンバニのセキュリティボットがドゥームフィストに破壊される様を目撃したエフィが、いかにしてオリーサを作り出すことになったのか、その経緯が描かれている模様。ストーリーにはルシオも登場するそうです。

「Hero of Numbani」はMagic: The Gatheringなども手掛けるNicky Drayden執筆でScholastic社から2020年5月に刊行予定です。

DreamKazperが謝罪


昨年4月に不祥事によりボストンを解雇されて以降、沈黙をまもっていたDreamKazperのツィッターが復活、解雇の原因となった事件について謝罪文を掲載しています。

————

本人曰く、事件以降、一切コメントも謝罪もしなかったのは、他人とのコミュニーケーションや話すことが怖く、それは今も続いているとのこと。

その上で、過去の過ちについては言い訳するつもりはなく、全責任を負うとし、あの出来事で傷つけた人々すべてに心から謝罪したいと述べています。
続きを読む

Reinforce、ブリザードとの契約は今季限り


OWLのキャスティングスタッフとしてブリザードと契約していたReinforceですが、契約は今季限りだったようで、オフシーズン中は配信業に専念しつつ、新たなオファーを待つとのこと。

ブリザードから改めてオファーがない限り、2020シーズンのことはわからないそうです。

Sideshow、FA間近のHydrationについて


Hydration has gotten an offer from another team – just under Sinatraa’s salary. from r/Competitiveoverwatch

前記事に続きSideshowネタ。10/7にFAとなるグラディエーターズのHydrationにとあるチームからオファーが届いているらしく、その額はSinatraaのサラリーに迫る額とのこと。

おそらく150K近い額だと思いますけど、Hydrationの高いユーティリティ性能を考えると妥当な額だと思いますね。もっと貰ってもいいかもしれない。

Sideshow、ダラスの年俸総額について


Sideshow on Fuel “This team is allegedly one of the highest paid in the league, going above the soft salary cap apparently…” from r/Competitiveoverwatch

Sideshowによると、ダラスはリーグで最もサラリー支出額の多いチームのひとつで、ソフトサラリーキャップの枠も超えているらしい。

OWLには贅沢税のようなソフトサラリーキャップが存在すると言われています。年俸などの総額がリーグが定めた一定ラインを越えると税率がかけられる仕組みになっているのかもしれません。

ダラスの場合はコーチ陣の人数も多く、5人のコーチングスタッフを抱えています。
続きを読む