OWLのヒーロー使用率に大きな地殻変動


This week’s big meta shift in numbers (Omnicmeta) from r/Competitiveoverwatch

OWL第3週のヒーロー使用率に大きな地殻変動が起きているとするポスト。OmnicMetaのデータを見ると、今週は前週比で±10%以上変動したヒーローが実に10名。先週ソンブラの使用率について書いた時は、最も上昇した彼女でさえ+7.8%(28.0%)でしたから第3週はこれまでに比べてもかなり大きな変化があったことになります。

今週最も上昇したのがアナで+29.9%(49.1%)、逆に下げたのはゼニヤッタで-31.3%(45.3%)。丁度アナとポジションが入れ替わったことになりますが、同様にDvaとソンブラの順位も入れ替わり、OWLのトップメタはこれまでのピュアGOATS(3-3)からソンブラGOATS(1-3-2)へとシフトしていることが伺えます。

また、DPS構成、とくにファラマーシー構成を見る機会も増えてきましたが、それを示すかのように両ヒーローがそれぞれ10%以上の伸びを示しています。

こちらは25日付け(UTC)のグランドマスター帯の使用率。ゲーム内ピックレートのSティアー(>7%1)といえるヒーローはオリーサ、アナ、ロードホッグ、ゼニヤッタで、GM帯ではピックレート10%以上のオリーサとアナを軸とした構成が主流にある状況は約1ヶ月前と変わっていないようです。

一方でDva、ブリギッテ、メイは大きく下落、さらにバフされたマクリーは+9%の伸びに留まっていますが、ゲーム内、とくに特定のランク帯の使用率なりピックレートは月単位で比べないと正確な比較はできないので、このあたりの数字に関してはもう少し様子を見る必要がありそうです。

脚注:

  1. 使用率をピックレートに換算(使用率100%=ピックレート約16.67%)