トロントが前パリのFefeをヘッドコーチに任命

トロント・デフィアントは新ヘッドコーチに前パリのFefeコーチ(フランス)を任命したことを明らかにしました。

昨日パリ退任が発表されたばかりの同コーチですが、今年8月に退団したBishopコーチの後任ということになります。

フランス系のケベック州に隣接するトロントに同コーチが就任したことで、来季のチーム作りはより欧米化が進むのではないかとの見方が強まっています。

開幕をオールKRロスターで臨んだトロントは、その後、カナダ人のMangachuに加え、Logix、Gods、Sharykら欧米選手が加入しています。

チームは今オフに入り、Gods、Sharyk、Aid、Im37、Yakpungの5選手が退団しています。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました