Snilloのキノコ狩り


OWL pro vanished during off-season to live in forest with grandmother | Dexerto.com

昨年までフィラデルフィアでプレーしていたElkがAvastの配信に登場し、同じく昨年までフィリーでプレーしていたSnilloのエピソードについて話している。

これによると、Snilloは2018年のオフシーズン中に4ヶ月ほど連絡が取れなくなり、その間、どうしていたのかElkが問い質したところ、スウェーデンの森に住む祖母の山小屋でキノコを集めるなどして暮していたと答えたとのこと。

冗談のようにも聞こえる話だが、Snilloは2018年の夏に当時フィリーのスタッフだった人物に、帰国したら森で暮らしキノコ集めをすると実際に話している。

その後、Snilloは2wayとしてアカデミーでプレーすることになるが、このキノコ狩りがチームの判断に影響したかどうかは定かではない。

フィリー退団後も同選手の動向は不明で、SNSも昨年夏から更新が止まっているが、再び祖母の森に戻り暮しているのかもしれない。