OWL初代COTYは上海のMoonコーチが受賞

今シーズンから新設されたコーチオブジイヤーは上海ドラゴンズのMoonヘッドコーチが受賞。

今季から同コーチが指揮を執る上海は、レギュラーシーズン27勝2敗とNAよりも1ランク上とされるAPAC地域で圧倒的な強さを見せ、来週開催されるグランドファイナル4にもトップシードで駒を進めている。

昨季まで指揮を任されたヴァリアントではミックスロスターでの難しさか、ファンからも批判的な意見が少なくなかったが、目まぐるしく環境が変わる今季のOWLで大きな成果を残したことでその評価も一変している。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました