新生ヴァリアント運営に関する噂

新たに中国のLingan Esports(LGE)が運営を担うことになったヴァリアントの噂。割と具体的な話が出ているので、まったくの出鱈目ではないと思われる。

—————

– Sliver3, Highbee, Molanran, Krystal, Wya(いずれもT1w所属か元T1w)が同じカスタムゲームで目撃されている。

– IGC(ヴァリアントオーナー)とLGEの共同運営という形をとったのは、IGCが運営コストを払いたくないため可能な限り出費を抑えようとした。そして、LGEは中国証券市場NEEQへの上場に備えており本業に専念したいという思惑がある。

– LGEが事実上の新オーナーとなり中国選手を手当たり次第に獲得したようだが、それらの選手はいつでも使い捨て可能な選手と見られている。

– LGEとIGCが接近したのは、彼らが過去に南昌市が所有する国有企業から出資を受けいてたが、株式会社化によりどうしても上場する必要があった。

– 現時点でSuperich(Team CCのサポート)は新メンバーの有力候補だが、Diyaは決して安くないためどうなるかは分からない。本人も昨日の配信で今年プロに復帰するつもりがないことを明らかにしている。

– 来シーズン再びヴァリアントがNAに戻る可能性もまだある。上記で使い捨て可能と言われているのはそれが理由。それなら何故前所属選手らを中国に連れてこなかったのかというと、通訳などで様々なコストがかかるためIGCもLGEもその費用を払いたくなかった。

– LGE運営下の新チームメンバーは間もなく発表予定。

おそらくだが、LGEの株式上場が不調に終わった場合は、ヴァリアント買収も白紙ということになるのかもしれない。