【オーバーウォッチリーグ】ビザ問題に苦しむフィラデルフィアがチームの現状を報告


フィラデルフィア・フュージョンからチームに所属するEU選手らの現状について声明が出されています。

今季からアジア地域に編入されたフィリーですが、ブログでもお伝えしたように、パンデミックとビザ問題の影響から、FunnyAstro、Poko、Eqo、Shockwave、Chistferコーチはいまだに韓国に入国ができない状況が続いているそうです。

[getpost id=”17089″ title=”関連記事” ]

現在も彼ら全員の入国を目指していることに変わりはないということですが、シーズン中は複数選手がEUから繋ぐということになると、チームにとってはかなり厳しい戦いを強いられることになるかもしれません。

Haloが話していた、メンバーの大半がハイピング環境でプレーする「ヴァリアント以下」のチームは、おそらくフィリーのことを指しているのではないかと思われます。