追記3【オーバーウォッチリーグ】中国4チームが中国批判を理由にSBBのボイコットを表明


追記3

有志英訳による上海の声明の中では、1) 中国の主権と領土保全を疑ってはならず、これは中国での活動の基礎となるものであり、メンバー全員がこれに同意しなければならない。2) esportsを政治利用してはならず、esportsシーンで活動する誰もが公的なプラットフォームを政治利用してはならない―の2点があげられており、この2点において選手、コーチ、スタッフの全員が合意したとされています(上海の選手コーチはMollyを除き全員韓国人)。

追記2

上海の声明の最後では「SBBの謝罪文は謝罪に値するものとは思えず、今後もSBBへのボイコットを続けていく!!!」(機械翻訳)とかなり強い調子で抗議の姿勢を示しています。

追記

Chinese OWL teams posted their statements boycotting SBB from r/Competitiveoverwatch

中国に拠点を置く、成都ハンターズ、上海ドラゴンズ、広州チャージ、杭州スパークの4チーム全てがSBBへのボイコットをWeibo上で正式に表明しています。


韓国OW情報を定期的に発信しているGatamchunさんによると、ソウルのSaebyeolbeが過去の中国批判ともとれる発言が原因で中国の複数チームからボイコットを受けているそうです。

関連記事:

先日ブログの記事でもお伝えしたように、SBBは配信中に中国を揶揄した発言が中国現地のインターネットで炎上、その後、自身の言動について公式に謝罪していました。

しかし、その後もSBBは「一つの中国政策」には同意できないとの発言を繰り返していたとのこと。現時点では成都、上海、杭州の3チームがSBBのボイコットを宣言しているそうです。このボイコットはSBBが参加するスクリムと試合のボイコットを意味します。

Shanghai Dragons unfollowed Seoul Dynasty on Twitter from r/Competitiveoverwatch

現時点では正式な声明があったのかは定かではないものの、redditでは上海がソウルのSNSフォローを外したというリポートもあります。

ただし、冒頭のツィートにもあるように、具体的にあげられるようなソースがあるわけでもなく、複数のリポートや噂レベルの話であることに注意してください(追記参照)。

昨シーズンのオフにソウルに加入したSBBですが、今季5試合を終えた時点でまだ出場機会はありません。