【オーバーウォッチリーグ】ヒューストンのKSFが引退を表明


ヒューストン・アウトローズの🇺🇸KSF(ダメージ、米国)が現役引退を発表しました。

TiwtLongerに綴られた本人のコメントによると、既に今年に入ってから今季が最後のシーズンになると考えていたそうです。また、早い段階で健康面で問題を抱えており、それらが精神面にも影響を与え、練習に打ち込むができなかったことを明らかにしています。

今後の身の振り方については未定ながら、しばらくは休息をとり、配信を楽しみつつ今後について考えたいとしています。

2017年にEnvisionで本格的なキャリアをスタートさせると、2018シーズン途中にヴァリアントに加入。その後約2年間所属した後、今季からヒューストンに加入しています。2019年には米国代表としてW杯にも出場しています。

今季は開幕メンバーとして2試合に出場したものの、4月以降は試合から遠ざかっていました。ヒューストンにとっては先日のHydrationに続き今季2人目の退団となります。