追記:Activision BlizzardがThe Game Awards 2021参加を取り止め


“The Game Awards 2021″にActivision Blizzard社のタイトルが事実上参加しないことが明らかに。同イベントは現地今月9日に開催予定となっている。

同イベントのホストを務めるジェフ・キーリー氏が明らかにしたもので、Activision BlizzardはWarzoneが”Best Ongoing Game”に、Call of Dutyが”Best Esports Game”にノミネートされているが、このノミネート以外で同社の開発者が参加したり、関わった新作タイトルのトレーラーなどが公開されることはないとのこと。

尚、Activision BlizzardがOverwatch 2やDiablo IVなどを含む新タイトルに関する情報を同イベントで公開する予定だったのかは定かではなく、不参加がABK側と主催者側どちらの提案だったのかも不明。

いまだセクハラ問題が収束する気配を見せていない中、キーリー氏も「どのうような企業やコミュニティであっても、虐待、ハラスメント、搾取は許されず、誰もが安心して最高のゲームを作ることができるよう、差別のないよりよい環境を構築するために全員が一致団結していく必要がある」とコメント。

もはや叩けば埃が出る状態のActivision Blizzardだが、最近ではActivision傘下のスタジオでCoDシリーズ開発に携わっているRaven SoftwareのQAスタッフ12名が、数ヶ月前に昇給を知らされていたにも関わらず、事前告知なしに今日になって突然解雇されたというリポートも伝えられている。

追記:

このQAスタッフのツィートに対して、一昨年Activisionと袂を分かつたBungieからQAスタッフ募集の知らせが届いている。