オーバーウォッチリーグ:フィリーがFuryの復帰加入を発表


フィラデルフィア・フュージョンが前ワシントンの🇰🇷Fury(韓国、タンク)の復帰加入を正式に発表しました。

今オフシーズンに一度はワシントン残留が決まったFuryですが、本人が韓国内でのプレーを希望していたことから先月にチームを退団しています。

また、フィラデルフィアからは正式に来季も昨年に続き韓国内を拠点にすることが明らかにされています。

2020シーズンにフィラデルフィアでプレーしていたFuryにとっては2シーズンぶりの復帰で、これで、ロンドンとワシントンを含めると実質リーグ4つ目の新チームとなります。フィリーにとっては、既に退団したオフタンクのHotba(現トロント)とPoko(現ロンドン)の後任ということになります。

昨年11月にAlarmを失ったフィリーは現時点で4名の選手が来季メンバーとして発表されており、リーグが定める1月3日時点での最低保有数にあと1名満たないことになりますが、Alarmの件もあることから、リーグが特例として認めている可能性もあります。

現在のラインナップ:

🇰🇷Carpe(ダメージ)
🇰🇷MN3(ダメージ)
🇰🇷Zest(ダメージ)
🇰🇷Fury(タンク)