オーバーウォッチ2:KarQがOW2 BETAサポートの現状を評価


KarQ先生の現在のOW2bサポート評価はホットテイクかもしれないという予防線を張った上で、実際のところサポートは良い状態にあるとしています。

当初KarQは2秒だと思いこんでいたノーダメージ回復パッシブ(1秒間ノーダメージで毎秒15HP回復)も実際には1秒ということで、プレイヤーはオブジェクトなどのカバーで徐々に対応できるようになっていると指摘。サポートヒーローそれぞれについては以下のような評価を下しています。

アナ:

– 単独行動が非常によい
– よりDPS的意識をもってプレー
– ポークダメージやセルフヒール用グレの浪費を気にせずに高台にポジションを取れる
– (ダメージを受けても)数秒カバーに入れば再びピークすることができる

バティスト

– オリーサ/ハルトといったアンカータイプの味方タンクと相性が良い
– ドゥームなどの高速移動する味方タンクには不向き
– イモータリティフィールドは味方オリーサのULTととても相性が良い
– 敵オリーサのULTの範囲のすぐ外側にランプを設置すれば破壊されることはない

ブリギッテ

– インスパイアとサポート固有のパッシブが重複するので非常にキルしにくい存在
– 1秒間盾を構えてダメージをやり過ごしても健康体でいられる
– 再び155ものバーストダメージ出すことが可能に(50+35+70)
– ダメージ3割カットのアーマーが50あるおかげで200というヘルス以上に硬い

ルシオ

– ウォールライドによるキャラコンが上手いルシオは不死身
– サポート固有のパッシブとルシオのオーラは重複する
– このおかげで敵の上をぐるぐる壁走り回っても余裕
– redditスタイルのルシオ(代表例:DSPStanky)は以上の理由からOP

マーシー

– サポート固有パッシブを底上げする新パッシブで毎秒22.5HP回復
– ガーディアンエンジェルによるキャラコンが優れたマーシーはキルしずらい
– 信頼に足る回復量とDPSの能力を引き出す
– 皆が考えているほど悪くない、仕事もできてる

モイラ

– OW2の勝ち組筆頭
– フェードのアニメーションが約1秒(0.8秒)なので、フェード終了時にはサポート固有パッシブ回復が約束されている
– 高い生存能力と黄/黒玉の両オーブはゲンジやトレーサーのダイブ系ヒーローとの1v1シチュエーションで有効
– OW1のフェードジャンプ強化により、フランカースタイルのプレーも可能

ゼニヤッタ

– 諸刃の剣
– 敵がオリーサ構成のようにスローな構成相手には良い
– ドゥーム、ソンブラ、トレーサー/ゲンジのようなダイブ構成相手は抹殺される
– サポート固有パッシブと自動再生シールドは重複するので一瞬のカバーで回復

サポート固有パッシブについては、ML7がアルファ版よりはずっとマシだが1秒はやりすぎなので、2秒が丁度よいだろうと提案しています。

参照