米連邦取引委員会が来月にもマイクロソフトによるActivision Blizzard買収を承認の可能性

未分類

米連邦取引委員会(FTC)が来月にもマイクロソフトによるActivision Blizzardの買収を承認する可能性を印メディアが伝えている。

MS社は既にFTCによる2回目のドキュメント提出要求に応じたことを明らかにしており、今後30日以内にさらなるリクエストがなければ、FTCは自動的に買収を承認することになる。

来年夏と予想されていた買収計画は、その規模の大きさから、反トラスト法違反の疑いでFTCが調査に乗り出していたが、今年5月には、MSのBrad Smith社長が買収は「速く」進んでいると明らかにしており、当初の予定よりも早く買収が実現する可能性を示唆している。

今週にはMSのABK買収計画よりも後に発表された、ソニーによるBungieとHaven Studiosの大型買収が正式に完了している。

参照

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました