本日の雑記-5(9/9)

雑記

新ヒーロー「キリコ」のリーク画像がSNSやインターネット上で拡散する中、OW関連の最新情報をSNS上で精力的に発信している英仏フォロワー数3万を越えるOverwatch Cavalryが今回の流出騒動を受けて「リークは相手にしない」とのスタンスを表明。

Overwatch Cavalryは新サポートヒーローのキリコが登場するリーク短編アニメの存在は認識しています。

我々はこのリークを取り上げる前に、公式の正式発表を待っているところです。Overwatch Cavalryは最高品質のカバレッジと最高のコンテンツを提供することを目指しています。しかし、残念ながら未完成のショートアニメのリークではその目標を達成することはできません。

また、リークという性質上、数多くのアニメーター、デザイナー、そしてOW開発チームの人々に不利益をもたらすことになります。今回の件で我々は火に油を注ぐようなことは望みません。

我々も、もうすぐ(soon™)予定どおりにキリコを紹介できることを楽しみにしています。

このツィートにはOW公式アーティストやコンテンツクリエイターからも称賛のリプが届いています。

Overwatch Cavalryは先日のフェイク騒動ではいち早くBlizzardとコンタクトをはかり、Spexからフェイクの確証を得るなど、信頼の置けるアカウントとしてOWコミュニティに貢献しています。


Seagull bashes Blizzard for putting sequel hero Kiriko behind battle pass in Overwatch 2
The streamer feels support mains are being trolled.

物議を醸しているOW2のヒーローアンロックについて元ダラスのご意見番Seagullがコメント。

「この2年半サポートヒーローはリリースされなかった。そしてやっと手にしたヒーローは課金するかクソみたいにプレーしないとゲットできない。ソジョーン、JQはローンチにプレーできるのになぜにキリコだけ?3人まとめてリリースでは駄目なの?サポートだけ狙い撃ちしてお前らパスで頑張れって言ってるようなものでしょ。本当に笑えるよね」

コメントの内容よりも動画のSeagullさんの煽り気味のテンションが気になってしまいますが、リーク動画のキリコが可愛すぎるあまり気持ちが高ぶってしまったのかもしれません。

参照

"[The Overwatch Team] decided that the best way to add new heroes and maps to the game is to patch them in as free content" -Jeff Kaplan from Overwatch

海外コミュニティを中心に課金要素が絡むヒーローアンロックに対する逆風が吹く中、バニラ版リリース半年前の2015年12月に公開されたDeveloper Updateにおけるジェフのコメントが再び注目を集めています。

「我々は21人のキャラクターにとても満足しているが、ゲームにはさらなるマップやヒーローを追加したい。そのことについて考えた結果、新ヒーローや新マップを追加するにはDLCではなく無料コンテンツとして提供することがベストな方法であると決断した」

7年前の当時と今では状況がまったく違うので比較しても仕方ないような気もしますが、OW2でも無料で入手できないわけではないので、とにかくアンロックについて公式から詳細情報があるまではなんとも言えませんね。


ビザ問題でSummer Showdownトーナメント現地帯同が危ぶまれていたフロリダのSirmajedですが、無事ビザが降りたため、明日の試合からチームと合流できるとのこと。

尚、今日のヒューストン戦ではリモートで参加したものの、残念ながら0-3で敗れ、チームは明日行われるルーザーズブラケットに回っています。

参照

リークされたキリコの短編アニメにはハンゾーの『DRAGONS』にも出演していた、OWで最も有名なやられ役のあのキャラクターが登場していたらしい。


ロサンゼルス・グラディエーターズを所有するThe Guardがコンテンツクリエイターとして人気女性配信者のAspenと契約。

アナで知られるAspenは現在コンテンダーズNAでも活躍中のトッププロの1人です。

参照
タイトルとURLをコピーしました