オーバーウォッチリーグ以前からOW競技シーンを追い続けた国内唯一のメディア

[オーバーウォッチ 2] キリコのスペックシート、年齢は20代前半?

Overwatch 2

英wikiの情報を基に新ヒーロー「キリコ」の性能をまとめました。武器/アビリティの数値はエラーなど正確でない場合があります。

Kiriko
Kiriko is a Support hero in Overwatch 2. Released on 4 October 2022, she is the 35th hero added to the game. Kiriko is a kunoichi healer who is aided by her kit...
キリコ(Kiriko)

本名:加守 霧子(Kiriko Kamori)
拠点:鉄坂
年齢:20代前半2
国籍:日本
所属:山神刀剣工房、妖怪(自警団)

—————

ロール:サポート
体力:200

壁登り(Wall Climb)

≫壁に向かてジャンプすると、壁を駆け上がる。

タイプ:パッシブ

快気の御札(Healing Ofuda)

≫味方を自動追尾する回復のお札を展開する。

タイプ:プロジェクタイル
回復:1枚につき13
最大射程:?
連射率:?
弾数:10(1回につき2枚)

補足:

  • 投擲後の御札の色が黄色の時は味方ターゲットを捕捉、青色のときはターゲとなしを意味する。御札は障害物に当たると消滅。
クナイ(Kunai)

≫クリティカル・ダメージの高い投射物を発射する。

タイプ:プロジェクタイル
ダメージ:40-120(胴体-頭部)
連射率:0.55秒に1発
リロード速度:?
ヘッドショット:可能(3倍)

神出鬼没(Swift Step)

≫味方のいるところに直接テレポートする。壁があってもすり抜ける。

最大射程:30メートル
クールダウン:7秒

補足:

  • ファラのような空中のターゲットにも使用可能。その場合、ターゲットの横に現れ、足下になにもなければそのまま落下する。
  • 罠、サージ、フラックスなどで足止めされている時は使用できない。
鈴のご加護(Protect Suzu)

≫地面や地形に着弾後、エリア内の味方が短時間だけ無敵になり、ほとんどの状態異常が解除される。

タイプ:プロジェクタイル
回復:50
持続時間:0.75秒
クールダウン:14秒

補足:

  • ディフェンスマトリックス、ジャベリンスピン、キネティックグラスプに消される。
  • 木の葉返しにも返される。反射した鈴が地形などに着弾した場合はゲンジ側には通常の効果、キリコ側のキャラクターにヒットした場合は軽くノックバックする。タレットには効果なし。
  • 解除できる状態異常は既知のもので、アンチグレネード、スリープダーツ、ダイナマイト、ランページ、アースシャッター(転倒)、ブリザード、ハックなど。
狐走り(Kitsune Rush)

≫召喚されたお狐様が前方に駆け抜ける。その足跡を辿った味方は、移動速度と攻撃速度が上昇し、クールダウン時間が短縮される。

タイプ:ULT
移動速度ボーナス:+50%
効果範囲:25メートル
攻撃速度ボーナス:+25%
リロード速度ボーナス:?
持続時間:10秒
クールダウン短縮:+60%

補足:

  • 地形や障害物によって進行が阻止されるが、それまでの足跡は有効。
  • バリアなどの影響は受けず、そのまますり抜ける。
  • アイスウォールやクリオフリーズでも止まる(味方のメイでも止まる)。
  • 谷間を越えた場合などは下の地面に沿って足跡が残る。ギャップを跨いだり壁伝いに残ったりはしない。
  • ボブにも有効だがタレットやRIPタイヤには効果がない。
  • テスラキャノンなどビーム系の攻撃速度(ティックレート)も上がり、ストームアローやホールホッグにも効果あり。
  • チャージ系スキルのブリンク、地雷、ファイアストライクのCDは短縮するが、同じチャージ系のザリアのバリアやシンメトラのタレットにはCD短縮効果が発生しない。
  • イモータリティフィールドのCDは短縮しないが、バイオテックオーブのCDは短縮する(どちらもCDタイマーは展開後にスタートする)。

脚注:

  1. 公式ショート上での発表によると、7才の時にシマダ一族がシマダ兄弟父の暗殺で崩壊、地元の妖怪自警団に仲間入りしたのが20才の時。シマダ兄弟にとっては「可愛い姪っ子」的存在とのことで、ゲンジが15才の頃にキリコが5才前後と考えれば、ぎりぎり年齢的な辻褄は合うかもしれません。
  2. 公式ショート上での発表によると、7才の時にシマダ一族がシマダ兄弟父の暗殺で崩壊、地元の妖怪自警団に仲間入りしたのが20才の時。シマダ兄弟にとっては「可愛い姪っ子」的存在とのことで、ゲンジが15才の頃にキリコが5才前後と考えれば、ぎりぎり年齢的な辻褄は合うかもしれません。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました