【2024年6月21日配信パッチ内容】キャスディほか総勢11名に調整

本日の雑記(6/19)無印時代のマッチングシステムを構築したScott Mercerが退社 他

Overwatch

OW開発チームでプリンシパル・デザイナーを務めていたScott Mercer氏が26年間勤続したBlizzardを退社したことを明らかにしています。今後は心身の充実も兼ねて休養に努めたいとのことです。

Mercer氏といえばOWのシステムデザインを担当してきた人物で、無印時代のマッチメイキングについては主に同氏がコメントしていました。

同氏が無印時代に構築した、個人パフォーマンスをMMRに反映させたマッチングシステムの正確性には定評がありましたが、OW2になってからはこのシステムは廃止となり、MMRに個人のパフォーマンスが影響を与えることはなくなりました。

同氏退社により、ジェフ、Geoff Goodmanといった無印時代の開発チームを支えた重鎮がまたひとり開発チームを去ることになります。


It’s literally a heat seeking missile now
by u/HowToCatchADuck in overwatch2

やっぱり何度見ても笑ってしまうキャスディの熱源追尾グレネード。先日のアップデート後のグレネードです。


orisa looking at me from the window lol
by u/wiow7 in Overwatch

ULTを邪魔され恨めしそうにこちらを見つめるオリーサ。


以前の雑記でも紹介した、ファンメイドによる新ヒーローのコンセプトアートをEU公式がツィート。

これはティザートレーラーの映像を元にファンが即席で仕上げたファンアートですが、「意外と正確なのでは?」と話題になっていました。

新ヒーローについては、過去のヒントやインカ帝国との関連性が見られるデザインなどからペルー出身であることが濃厚と見られています。


I just realized how long it’d take for every character to get a mythic skin…
by u/Always_ask_question in Overwatch

バトルパス報酬であるミシックスキンとしてお気に入りのヒーローが登場するまでは最悪で6年以上も待つことになるかもしれないというredditのポスト。

約2ヶ月ごとのシーズンで37人分のミシックがリリースされるとしたら、約74ヶ月で6年、という計算になります。

もちろんミシックスキンがヒーローそれぞれにリリースされたらという条件付きですが、将来的にリリースされる新ヒーローも含めるとさらに長くなる可能性もあります。

今後ミシックがバトルパス報酬以外でもリリースされる可能性もありますが、オリーサーメインは気長に待つしかなさそうですね。


Lifeweaver can capture point while still on petal in some maps
by u/Greenfollower in Competitiveoverwatch

ライフウィーバーのペタルプラットフォームは通常台座が上がるとポイントのコンテスト判定が発生しませんが、以下のマップではこの判定が発生するとのこと。

レイコータワー(全エリア)、オアシス(ユニバーシティ)、ブサン(聖域)、イリオス(遺跡)、ネパール(全エリア)、ハリウッド、キングスロー、ヌンバニ、プッシュ全マップ。

プラットフォームは予め設置しておけば、次の台座はCDなしで発動させることができるので、ポイントストールのときはこれを意識しておくとさらに時間が稼げるかもしれません。

Overwatch
d3watchをフォローする
d3watch.gg
タイトルとURLをコピーしました