オーバーウォッチリーグ以前からOW競技シーンを追い続けた国内唯一のメディア

追記/訂正:[Overwatch] シーズン4の変更点について(レート減衰、トップ500報酬条件、アサルトでのリスポーンタイマー等)

Overwatch

公式サイトでシーズン4の仕様変更についていくつかのアナウンスがあったので簡単にまとめます。

スキルレート減衰やトップ500報酬の条件、ランクマッチでのリスポーンタイマーなどがこれまでのシーズンとは異なる仕様に変更されています。

  • スキルレートを維持するためのシステムが変更。これまではダイヤ以上は7日間に最低1試合を消化すればレート減衰が発生しなかったが、今シーズンからはレート3000以上は1週間に最低7試合する必要がある。
  • マッチを終了するとレート減衰が発生するまでの時間が24時間分戻される。週に7回までこの時間を戻すことが可能なので、つまり1週間に7試合消化すればレート減衰が発生することはない。1日に7試合消化してもよいし、1日に1試合づつ消化してもどちらでもよい。
  • レートを意図的に0にしたりするプレイヤーがいるので、これを防ぐためにレート500未満になるとスキルレートが表示されなくなる。
  • 【追記】
    レートの下限と上限(0と5000)に達することがこれまでよりも少し難しくなっている。500~4500はこれまでどおり。
  • リーダーボードのトップ500はシーズン中に500圏内に入ればその後は圏外に落ちてもリワードが貰えたが、トップ500を維持する動機が減り、それ故にシーズン終盤になるとマッチングしにくい状況が生まれた。今シーズンからはシーズン終了時点でトップ500に位置したプレイヤーのみリワードを受け取ることができる。
  • アサルト、エスコート、ハイブリッドマップのリスポーンタイマーの仕様を変更。今シーズンから争奪中のポイントで攻撃側の人数が守備側の人数を上回った時にリスポーンタイマーに「ディレイ」が発生するようになる。一定時間経過後にポイントが奪取されず守備側の人数が攻撃側を上回ることができなければ、守備側のリスポーンタイマーは上限に達するまで徐々に増えていく。守備側の人数が上回るとタイマーは0にリセットされる。
  • これは攻撃側が有利な状況で守備側がポイントに単騎で飛び込んで時間を稼ぐだけの状況を改善し、攻撃側が有利な状況を作ればポイントを奪取しやすくなっている。また、守備側にはリグループしてからポイントの奪取に向かうことを促している。さらに、引き分けの発生率も減らしている。ただし、アサルトマップについては引き分けを減らすよう、より確実な解決方法を現在も模索している。
Welcome to Season 4 of Competitive Play
Season 4 of Competitive Play is officially underway!

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました