オーバーウォッチリーグ以前からOW競技シーンを追い続けた国内唯一のメディア

BlizzCon 2014 Diablo III に纏わる噂あれこれ by D3 somepage


来月11/7~8に開催されるBlizzConまであと1ヶ月を切りました。このイベントでDiablo IIIについて何か新しい情報が聞けるのか気になるところですが、somepageがブリコンにまつわるいくつかの噂をまとめてくれたのでそれを紹介します。

噂をする前にブリザードが発表した初日と2日目に予定されているパネルディスカッションの内容です。

Diablo III – What’s Next (Friday at 2:15PM to 3:15PM PST) – Join the Reaper of Souls developers as they discuss new features and concepts that will be coming soon to the world of Sanctuary.

近日中(soon™)に導入を予定している新しいフィーチャーやコンセプトについてのディスカッション。

Evolving Reaper of Souls (Saturday at 12:45PM to 1:45PM PST) – Explore the team’s ever-evolving design philosophies, and learn about changes now in development. Then watch the developers team up with the community to create a new Legendary item for looting in a future patch.

常に進化する開発チームのデザイン方針を探る。そして現在開発中にある変更点について。その後はパネルの一環として、開発チームとコミュニティが共同で新しいレジェンダリアイテムをクリエイトする。これは今後のパッチで追加予定。

BlizzCon 2014で議題になるのではないかと予想されているトピック

かなり前の噂も含まれているようですが、それらの憶測をまとめたsomepage独自の予想です。

Patch 2.2 – 今年のブリコンにおけるD3のディスカッションで大きな焦点になるのではないかと見られている。マイナーパッチとして2.1.2になる可能性もあるが、メジャーパッチの2.2になることが濃厚と思われる。Patch 2.2ではシーズン2、Greater RiftのQoL(利便性)の向上、新しいLegendary Gemなどが導入されるかもしれない。

Greater Rifts – Patch 2.1で導入されたが、新しいシステムが故に改善の余地がある。Greater Riftに関する変更はプランにあるはずで、開発もシーズン2に合わせてリファインしてくるだろう。既にGリフト/Nリフトのガーディアンのスポーン地点とAIなどに改善が見込まれている。

Diablo III Season 2 – 開発は意図的にシーズン1とノンシーズン(the base game)のゲームプレイに差異が生じないようここまで運営してきたように思う。シーズン2ではこれが大きく変わる可能性がある。一つの可能性として以前のTavern Talk developer discussion:でも言及されていたようなCritical Hit Damageの廃止と、それに変わるダメージをフラットで増やすようなaffixが追加されるかもしれない。シーズンはゲーム全体への影響を最小限に、ゲームプレイやアイテムへの新しいアイデアを試すことができる場でもある。

Skill Updates – 2.1以降クラススキルを変更するようなパッチは来ていない。おそらくシーズン途中でのスキル変更は最小限にしたいというのが開発の思惑だと思う。スキル変更は次のパッチ待ちになるだろうが、そのパッチではビルドがより多様化するはず。例えばデーモンハンターはSentry Marauder’s Set (M6) build以外のビルドを奨励するようなスキルバフがあるかもしれないし、M6ビルド自体がナーフされるかもしれない。前から改善が検討されいているウィッチドクターのWall of Zombiesは使い物になるのか?などこれらのスキル変更について話が聞けるかもしれない。

New Legendary Gems – Legendary GemはGリフトを攻略する上で欠かせないものになっている。そして今あるジェムだけでなく、今後もLegendary Gemの追加は予定されている。それらのいくつかはよりディフェンスに特化したものになる(ブルコメ情報)。Legendary Gem popularityを見てもらえればわかるとおり、ジェムの使用率はとても偏っている。もし開発にこれらのバランスを調整するつもりがあれば、使用頻度の低いジェムのアップグレードなどに関する話が聞けるかもしれない。

Spending and Getting Gems – ノーマルジェムについては今後のパッチでよいことがあると思う。ブリコンでも具体的な説明があるかもしれない。これは以前のブルコメにもあったように、特定のジェムを入手しやすくしたり、余ったジェムの使い道を増やすといったこと。

Story Time 2.0 – 昨年のBlizzConではWyatt Chengとファンとの間で長時間の話し合いが行われた。Story Time with Uncle Wyattと名付けられたそのディスカッションは、開発チームのゲームに対する考えを聞くことができるというのでとても評判がよかった。チェン氏は今年のブリコンでも2回目を開催することに興味を持っている。おそらく開催されると思うが、場合によってはパネルディスカッションの一部として開催されるかもしれない。

The Devil’s Hand – 導入が検討されていたコレクション形式のミニゲーム*は結局RoSでは実装されなかった。ディレクターのJosh Mosqueiraは今年のブリコンでは新しいコンテンツが議題になるだろうと話していた。それがコレクション形式のミニゲームかどうかは分からないが、何か新しいコンテンツについて話が聞けると期待してもいいだろう。

*様々なユニークやボスモンスターが落とすユニークアイテムを集めて、レジェンダリアイテムを手に入れるといったものらしいです。

BlizzCon 2014で議題になることはないだろうと思われるトピック

Diablo III Second Expansion – 今年のブリコンで次期拡張の話が出ることはないだろう。コンソール版のRoSがごく最近発売されたばかりというのもあるが、ブリザードは他のメーカーのように毎年コンスタントに拡張版を出すメーカーではない。(仮にブリザード自身がそれを望んでいたとしてもこの事実は変わらない。World of Warcraftの開発チームは過去5年間で毎年拡張を出せるような体制を整えてきたはずだが、それはまだ実現できていない。)いずれ次期拡張が開発される可能性は非常に高いものの、今年のブリコンで発表されることはないだろう。

More Big Legendary Revamps – 2.1では現行のレジェンダリに多くの変更が入り、新規レジェンダリの追加や既存のレジェンダリ(プレイヤーが既に所有している)の改良が行われた。ただし、今後も既存アイテムの変更がコンスタントにあると思わないほうがいいだろう。既存アイテムの大規模なオーバーホールは2.1が最後かもしれない。ミスター・チェンによると、開発は既存アイテムに遡るような変更は好まず、これらのアイテムへの変更は最小限に留めたいようだ。

BlizzCon 2014は、RoSが開発中にあった昨年ほどのインパクトはないと思うが、まだ多くのことが進行中であることは間違いないだろう。

BlizzCon 2014 Diablo III Schedule and Speculation
Two panels scheduled for Diablo III at the upcoming convention

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました