【オーバーウォッチ】 国内からのOWLトークン購入方法まとめ(2021/9/8)


以前に日本国内からOWLトークンを購入する方法について複数の記事を書きましたが、いくつかの記事は訂正しないまま残っているので後から読んだ人は混乱していたかもしれません。

改めてOWLトークンの購入方法についてまとめておきます。ただし、正規の方法ではないので今後もこれらの方法で購入できるかは分かりません。

尚、説明にあたってはPC版ユーザーを想定して書いています。

—————

更新履歴:

– プロキシ設定方法の説明を加筆修正しました(2021/9/8)


自分が知る限りですが、国内から購入する方法は3つあります。

2021年9月8日現在、海外アカウントとVPN経由の購入は可能であることを確認しています。

①―Battle.netのアカウントページの「個人情報」の「国または地域」を米国などのトークン購入可能地域に設定する。

SnapCrab_NoName_2019-1-15_10-24-40_No-00

この場合は、とくに何もしなくてもゲーム内とBlizzard shop内の購入ページからトークンを購入することが可能です。

地域設定は一度設定すると後から変更できないので、既に「日本」になっている場合は②か③の方法で購入してください。

トークン購入可能地域のアカウントを新規で登録して、メインの国内アカウントにフレンド申請後ギフト購入することも可能です。必要なものはアカウント登録だけで手軽ですが、ここで紹介している中では一番グレーなので自己責任でお願いします。

②―VPNを使い海外のIPで購入。

①が無理な場合はこれが一番簡単かも。VPNの海外サーバー経由で接続してブラウザから購入ページにアクセスするだけです。まれに海外IPでも購入できないことがありますが、サーバーを変更すれば購入できます。

SnapCrab_NoName_2019-1-15_10-53-21_No-00

このような価格帯が表示されれば購入可能です。尚、VPN接続でもゲーム内からは購入できないので注意してください。

VPNは無料から有料まで様々ですが、有料ならExpressVPNあたりを使っておけば間違いないです(月額)。

無料ならHotspot Shieldあたりでしょうかね。ただ、セキュリティやプライバシーの面で安全かどうかはわかりません。無料VPNはアカウントハックに使われることがあるため、twitterなどのサービスにログインするとアカウントが凍結される可能性もあるので注意してください。

VPNの設定方法についてはツールごとに様々なのでここでは省きます。

Operaのブラウザを使うと無料VPNが手軽に使用可能です。ただし、リスクはゼロではありません。Operaは中国企業が買収したのでその辺りが気になる人は避けたほうがよいかも。

OPERAで無料VPNを設定する方法 | AkuyDesign

③―プロキシを刺して海外のIPで購入。

プロキシ経由だと串によって表示がかなり重くなるのであまりおすすめしません。ブラウザや端末によっては購入ページが正しく表示されないこともあります。
 
あくまでもVPNを使用したくない場合の代替手段なので、可能であればVPNの使用を強くお薦めます。

以下の無料プロキシリストページからなるべくレスポンスのよい新鮮な海外IPアドレスを任意で選び、Windows側で設定します(後述)。VPNの代わりにプロキシを経由して購入します。ツールをインストールしなくてよいのがメリットですが、設定が少し面倒かも。

http://www.freeproxylists.net/ja/
http://free-proxy.cz/ja/
https://hidemy.name/en/proxy-list/
https://free-proxy-list.net/
http://www.cybersyndrome.net/

※カナダなどの一部の国は日本同様におま国の可能性があるので注意。

SnapCrab_NoName_2019-1-15_10-53-21_No-00

海外プロキシを設定した状態で購入ページにアクセスし、このような価格帯が表示されれば購入可能です。尚、プロキシを設定してもゲーム内からは購入できません。

IPアドレスによっては繋がらない、繋がっても購入できないこともあるので、その場合は複数のIPを試してください。

プロキシを刺す前にBattlenetにログインしておかないと、ログイン認証で弾かれる可能性があります。

プロキシ設定方法

Windows側で設定するのでどのブラウザを使っても設定方法は共通でグローバルに適用されます。

例:IPアドレス 188.166.162.1 ポート 3128(ロシア)

Windowsの設定(スタートメニュー左の歯車)>ネットワークとインターネット>プロキシ>プロキシサーバーを使う「オン」>プロキシのアドレスとポートを入力>保存