元Phase 2の選手がHaku選手らから嫌がらせを受けたと主張


Haku選手とその友人らからSNS上で嫌がらせを受けていたとするPhaz(元Rise Nation、Phase 2)のツィート。

※以下はあくまでもPhazによる主張で事実とは異なる可能性もあることに注意。Haku選手の反論記事も掲載。

これによると、過去にPhazが太っていた頃の写真を加工した画像を自身のツィートにスパムされるなどの嫌がらせを受けていた模様。

Phaz本人はこれまでに彼らとの絡みは一切なく、なぜこのような仕打ちを受けるのか理解できないと話している。

既に知人を通し、Haku選手が所属するアトランタアカデミーにこの件を報告し、Haku選手ともう一人の選手には罰金と規律処分がくだされたものの、友人らからの嫌がらせは続いているという。

過去には女性プレイヤーを軽視する発言で謝罪したこともあるHaku選手だが、Phaz曰く、彼らはalt垢を利用して、女性ストリーマーのチャットで暴言を吐いたり、スナイプ行為を積極的に行っていたらしい(Haku選手がこういった行為に直接関わっていたかは不明)。

アトランタアカデミーについては、Ta1yo選手が所属するThird Impactとのスクリムで、事前にヒーローBANなしでのプレーを希望しながら、その後、前言を翻しヒーローBANでのプレーを希望するも、試合が思ったように運ばないとスロー行為に及び、僅か40分足らずでスクリムをキャンセルしたという実績もあるらしい。ツィート主はTIのZholik。