追記:スパークがKrystalに約200万ドルの損害賠償請求


先月15日、杭州スパークを運営するBilibili Esportsが元所属選手であるKrystalを相手どり、中国国際経済貿易仲裁委員会に1500万元(約213万ドル)の損害賠償請求を提出していた模様。

Krystalはスパーク所属時に度重なる遅刻や無断欠勤によりチームから事実上の解雇通告を受けており、双方の言い分は食い違うものの、スパーク側は弁護士を通して同選手を契約不履行で訴えていた。

Krystalは昨年夏からほぼ1年間、インアクティブとしてチームに在籍していたが、先月スパークを正式に退団。本日、広州チャージ入団が発表されている。