訂正/追記2:島田一族に関する新たなロアが公開、新たな女性キャラクターの存在も?


デスマッチ用の新マップ「鉄坂」の正式リリースを控え、島田一族に関連した新たなロアが公式サイトで公開されている。

訂正:一部内容が分かりづらいので修正しました。

これはかつて島田一族の剣術指南役に選ばれた島田兄弟(追記21)の師範でもある山神朝(Asa)なる女性が、今は離れて暮らす身となった夫と思われる剣匠の山神敏郎に宛てた手紙。

フォントは見ずらいが幸いにも内容はすべて日本語、これが英語だったらさっぱりわからなかったかもしれない(英文も公式ページで確認可能)。日本語でも怪しいけどとりあえずまとめ的なもの。

—————

島田一族なき後の島田城(ハナムラ)は現在、橋元一族が城主。朝はその城下に住んでいる。

新城主の下で鉄坂(Kanezaka)は高層ビルにネオンなど近代化が進むも人々は簒奪者橋元一族の圧政に苦しめられており、同一族と住民との緊張感が高まっている。

この手紙の主である朝は本意ではないものの新城主の下で治安維持を担っており、夫敏郎は鍛冶屋の腕前と嫁である朝を従わせるために城主に「お抱え」として召し抱えられたことが手紙の内容から伺える。2人は城主の許可がなければ会うこともできず、夫は連れ去られ実質囚われの身ということかもしれない。

城下町の鉄坂には最近橋元一族の密輸を妨害するなど鉄坂の街中に派手なスプレーで落書き(例のグラフティ)し存在を主張する自警団が現れる。

この手紙の最後には朝がこの自警団を探し出し、彼らの動きを制止するためにまずはお狐様を祀った鉄坂神社にお供え物をしに行く旨がしたためられている。代々島田?一族の女性は稲荷神社に仕えていた。

2人の間には娘が一人おり、先日、父敏郎はこの娘に贈り物をしているが、文面を見る限り丹念に打たれ鍛えられた刃物ではないかと思われる。また、結納の際には朝にも刀を贈呈しているが、自警団のもとにはこの刀を佩帯していくことも手紙には書かれている。

—————

なんとなくソンブラリリース前のARGにも近い嫌な予感がしなくなもないけど、OW2で追加される新ヒーローに関連したロアの新展開と見られています。手紙の主であるAsaが新ヒーローかどうかはまだなんとも言えないけど剣士としての戦闘力は高そう。

個人的には母親ではなく娘が新ヒーローではないかと予想。いずれも女性なので新ヒーローと噂される女性キャラクター像にも合致しますね。

この手紙自体は先日までPTRでテストしていたデスマッチ新マップの「鉄坂」正式リリースに合わせて公開されたものと思われます。

追記:

インスタ経由でこの手紙のリンクを開くとOW2のロゴが出てくるらしく、やはりOW2の新ヒーローに関係している可能性が高い。ただし、現在このリンクは削除されている。

脚注:

  1. 英文では”the scions of Sojiro Shimad”と複数になっているので多分ハンゾーとゲンジ両方。