今季のリーグ試合接続環境についてSpex


昨年追加された最小遅延サポート機能により今季試合の接続環境が大幅に改善されることがリーグ副会長のSpexから明らかにされている。

– 選手間でのテストやアンケート結果では、ピングは120msまでが許容範囲であることが分かった。

– 昨年まではワシントン対グラディエーターズ戦では東海岸のワシントンが70ms、西海岸のグラディエーターズが90msでプレーしていた。

– サーバーロケーションを改善しこれがワシントン40ms、グラディエーターズ70msでプレー可能になり、さらに最小遅延サポート機能により、試合は両者70msでプレー可能になった。

– 今季はEU対NAやハワイ(NA)対アジアの試合でも最大遅延で90ms、大部分の試合は40~70ms環境でプレーすることが可能となっている。