追記2:SentinelsがSinatraaの代役に大物Tenzを起用、Riotも例外を認める


Sentinelsは性的虐待疑惑により出場停止処分を受けたSinatraaに代わり、前Cloud 9のTenzをスタンドインに起用することを発表しました。

今週末からはじまる’VCT Masters One’のLuminosity Gaming戦には1月にストリーマー転向を宣言した大物プレイヤーが代役を務めることになります。

1pvのライターによる事前のリークではレンタル契約になるのではないかとの話ですが、このTenzのSentinels加入はチームが置かれた特殊な状況を考慮し、Riot Gamesが例外的に認めたものだそうです。既に大会のロスター登録期限は過ぎています。

Tenzはストリーマー転向後もC9に所属しており、Riotは一人の選手が一時に複数のチームでプレーすることを禁じているため、SentinelsがTenzの権利をC9から買い取るものと見られています。現在はTenz本人のプロフィールもSentinelsのバナーに切り替わっています。

こういった状況を踏まえると、疑惑の行方やTenzの去就に関わらずSinatraaのチーム復帰は厳しいものになるのではないかと予想されています。

追記

HaloはC9がTenzの権利を買い戻す可能性もあるとしており、必ずしも今回の契約がSinatraaのSentinels退団を意味するものではないとしています。

追記2

Tenz is on loan, it isnt permanent from r/ValorantCompetitive

この後、Tenz本人からコメントがあり、Sentinelsへは完全移籍ではなくレンタルでの加入になるそうです。