差替【備忘録】Overwatch 2 Developer PVP Livestream―OW2では5対5にルール変更 他


本日配信されたOW2 PVPレビューの新情報に関するメモです(随時更新)。ほとんどoverbuffのツィート。新しいメモが上に来ます。よさげなまとめ見つけたら後で書きます。

<訂正>
いくつかのトピックを間違えて埋め込んでたので差し替えました。

<追記>

よさげなまとめ記事を見つけました。これだけ読んでおけばPvPルール変更の全体像が把握できます。だらだらさんお誕生日おめでとう🥳🎂🎉

以下はまとめではなく備忘録的なメモです。順番も適当。

尚、無印とOW2はクロスプレーが可能になるため、5対5制含めた今回の仕様/調整変更はいずれOW1にも適用されます。

I’m really looking forward to using scatter arrow as Winston! from
Overwatch

ウィンストンのスキルにハンゾーのレガシースキル「矢散五裂」のアイコン。おそらくプレースホルダーと思われる。

ライブ配信後の開発ブログによると、オリーサの他にバスティオンも一からリワークで作り直している模様。

ポケットマーシーの位置を示すマーカーがそれとなく追加。黄色の「+」に方向指示が付いてます。

All Overwatch 2 tank changes confirmed during PvP stream – Dexerto

During the Overwatch 2 multiplayer stream, Overwatch’s developers revealed various changes to the game’s tanks that have been confirmed to be in development. These include changes to Zarya, Reinhardt, and Winston. As Overwatch 2 hype continues to build, the game appears to be getting some intriguing reworks.

オリーサは大規模なリワーク中にあり現在のOW2ビルドではまだプレーできていない模様。ロードホッグはフックの戻りが速くなる可能性が言及されている。

5対5変更の背景:

6対6では他の11人のプレイヤーが戦場で何をしているのか把握することが難しい。人数が減ることで全てがシンプルになり、周囲で起きていることを理解しベターな選択をしやすくなる。

減るのがタンクかDPSかに関わらず、ケアする必要のある対象が1人減ることで、個々のプレイヤーはよりチームに大きなインパクトを与えキャリーする機会も増える。

4対4や7対7も試し、さらにDPS4人の1-4-1制まで試したがこれは1度きりのテストでもう2度とやらないことにした。

5対5への変更はタンクヒーローの大きな変更調整を意味する。より攻撃的になりダメージ寄りでハイブリッド化する(具体的な変化は下のメモ参照)。これはタンキーではなくなるという意味ではなく、アグロ化しているだけ。いくつかのケースでは僅かにヘルスも増えており、Dvaはマトリックスも増量。単にミサイルを追加するだけでなく味方のプロテクト性能もアップしている。

マップも5対5向けに調整を施しより多くのカバーオブジェクトを設置している。

まだ明らかにしていない新たなゲームモードに取り組んでいる(これがアサルトに変わる新ルールか?)。意見要望に耳を傾け最高の作品にするべくベストを尽くすことを約束。

「オーバーウォッチ2は絶賛開発中」(発売は2022年以降)

防衛側がペイロードのF1マシンを止める理由はオーバーウォッチが今晩のイベントで新マシンを披露することを阻み、タロンのスポンサーを台無しにしないためといった設定が考えられるとのこと。

モナコの「モンテカルロ」マップはF1コースをモチーフとしたデザインに。ルールはペイロードでF1マシンを押していきます。

これまでに明らかにされた情報だけを見て今回の変更を不安に思うのも無理はないが、実際にザリアやDvaをプレーした後はきっと満足するでしょう。

これも2月のブリコンで発表された新マップの「ローマ」は新ルールのプッシュを採用。

バニラスキンにもいくつかのアップデートを施すが作業量は多い。スキンはカスタマイズ可能か?の質問に「そのうちわかるだろう。しかしスキンのパーツを組み合わせたりできるかは疑わしい」

ゲストのSuperがULTチャージの貯まりの悪さに気づき質問。それは主にタンクが減ったことによるもので、それほど大きなものではないとのこと。OW1でのULTチャージは主にタンクを撃つことで貯まっている(OW2ではロールパッシブによりタンクへのダメージで貯まるULTが減少)。

OW2ではまだスナイパーの調整は行っていないが、5対5によりバリアが減るため検討はしている。

リオに出てくるペイロードとクラブ・シナスタジア。

新マップとしてブリコンで公開された「リオ」はペイロードルール。マップにはルシオのクラブがある。

CCスキルの見直しを全ヒーローで実施。どのヒーロに必要か?大きく減らすことなくボールのようなヒーローにはどのような影響を与えるか?主にDPSとサポートを注視。

「タンクにもCCは必要だが、DPSやサポートほど必要か?一般的にスリープはOKと感じるがフラッシュバンはそうではない」

ロール専用パッシブスキルはオンラインブリコン発表内容から特に変更なしでまだ開発段階

– タンク…ノックバック耐性、タンクへの攻撃はULTチャージが鈍化
– DPS…移動速度ボーナス
– サポート…自動回復、現在のマーシー同様だが量は少ない(OW2のマーシーは現状維持)

MOVEMENT ACCEL REDUCED IN OW2 from
Competitiveoverwatch

ムーブメントアクセレーションが減る可能性。スレのコメントによるとADADスパムのレスポンスが落ちたり、方向転換の反応が鈍くなるもしれないとのこと。ただし、これはOW2では実装されない可能性もあり。

ウィンストンのキャノンはサブ攻撃長押しの遠距離砲が追加。

メイの凍結スプレーはスロー効果と追加ダメージを与えるが、今のようにフリーズはしない。

一昨年のブリコンでも試遊できた「トロント」マップは引き続き新ルール「プッシュ」を採用。目まぐるしくダイナミックで、裏取り(フランク)しやすいマップ。

日本語公式によるプッシュルールの簡単な説明。

UI変更の一例。ゼニヤッタのオーブはよりターゲットを認識しやすくなっています。マーシーも同様。

開発中のタンク強化:

– ラインハルトはチャージのキャンセル可能(火の玉は2個ストック)
– ウィストンは遠隔攻撃用のビリビリを充填可能
– ザリアは自己/味方バリアが共有になる(合計2個でエイプリルフールパッチと同じ)

5対5については、よりプレーがスムーズになり、被ダメージが減る。チョークポイントは抜けるのにそれほど難しい場所にはならない。

新マップとして収録される「ニューヨーク」はハイブリッドルールになる模様。

にもあったようにOW2では5対5制に変更。タンク1、DPS2、サポート2。