【オーバーウォッチ】Activision BlizzardのJesse McCree氏らが解雇


Kotakuの取材によると、マクリーの本名の由来となったDiablo 4のリードデザイナーであるJesse McCree氏が解雇されたことが明らかになりました。

同氏は今回のセクハラ騒動において、女性従業員や関係者に対する性的ハラスメントの温床とされたCosby Suitesのメンバーの一人として確認されており、同氏の名前を取ったマクリーの名前を変えてほしいとの声も一部のファンからあがっていました。

Kotakuが同社の広報に質問したところ、退社は事実であるとの確認もとれています。その理由については明らかにされていないものの、同広報はプレイヤーに素晴らしい体験を提供し、全ての人々にとって安全で生産的な労働環境を保証するために前進していくと述べています。

Jesse McCree氏の退社にともない、ゲーム内のマクリーにも今後何か変化があるかについては現時点では不明です。

また、この他にもCosby Sitesの写真に写っていた同社のリードゲームデザイナーであるJonathan LeCraftとCory Stockton氏の2人も処分を受けており、前者は同じく解雇されたものの後者は休職処分を受けた現在も会社には留まっているとのこと。Diablo 4の開発に携わっていたLuis Barriga氏の退社も明らかにされています。