追記2【オーバーウォッチ2】OW2におけるサポートヒーローの調整について


コミュニティーマネージャーのAndyからオーバーウォッチ2でのサポートヒーローの調整について、ユーザーの質問に答えるかたちでコメントがあったのでその簡単なまとめになります。

  • OW2ではブリギッテのスタンが削除。

  • アナやバティストのような自己回復スキルがなくなることはない。
  • 内部テストでは1タンクになり全体的なサポートの回復量が多すぎたため調整予定。
  • 不和とダメージブーストについてはいまのところは調整予定はないが、今後のテストで問題が生じれば可能性はある。

追記:
以下は長尺バージョンのまとめになります。

What will supports look like in Overwatch 2?

We’ve gotten lots of info on how tanks will change to fit Overwatch 2 (thank you, AndyB!), and even some hints on changes that dps heroes may face. Supports remain a mystery, however. Will they be guardian angels, or angels of death?

—————

– いまのところOW2ではサポートロールの機能について大量の変更は予定していない。ブリギッテのスタンが削除されるなどいくつか重要な変更はあるが(ブリギッテの変更の詳細については今後)、使い慣れたサポートヒーローのプレースタイルは現行版と同じようなフィーリングになる。

– アナの阻害グレネードやバティストの回復バーストのようにこれらのヒーローから自己回復手段を取り除く予定はない(この質問ではモイラの名前が挙げられている)。こういったスキルは彼らのアイデンティティの一部であり、サポートロールの新パッシブ(自己回復)も考慮して調整されるだろう。

– プレイテストではタンクが1人になったことで、一般的にタンクはダメージを防ぐ量よりも多くのダメージに貢献することが明らかになり、これは現行版でさえ同じようなことがいえる。全体的にダメージが減ったことによりサポートはチームを生かす性能が増したため、集団戦が長引きフラストレーションを感じないようにサポートの回復量を全体的に抑えるような調整をテストしている。

追記2:
– ゼニヤッタの不和についてはダメージ源が1人減ったことで理論上は弱体化している。マーシーのダメージブーストは内部テストではいまのところ大きな問題は示していない。しかし、今後のテストで不和やダメージブーストに問題が生じるようであれば両者を調整する可能性は残されている。