メタデータ観測(9/10)- GM帯シグマの使用率は97%


Overbuffがロールロックに一部対応してから約1週間が経過したので、ヒーローのピックレートを見てみたいと思います。

ロールロックに対応しているとはいえ、オフェンス/ディフェンスは別枠、さらにシンメトラもサポート枠になっているのでその点には注意が必要です。

冒頭の画像は今週のグランドマスター帯のピックレートですが、シグマはなんと驚異の16.21%。これは使用率にすると約97%になります。

これはマーシーが全盛期の頃、丁度2年前のデータですが、すべてのティアーで使用率90%オーバー、全体でも100%近い数字を残しています。

SIGMA:

GM:16.21%
M:12.70%
D:9.90%
P:7.83%
G:6.90%
S:6.40%
B:6.48%

シグマはどうかというと、ランクが下がるごとにピックレートが落ちているので(このデータ傾向からシグマはスキルキャップが高いヒーローといえるかもしれない)、当時のマーシーのようにプレイヤー全体のマッチを埋め尽くすほどの状況にはなっていません。

とはいえ、GM帯のピックレート16.21%(使用率97%)という数字はOWLをみてもわかるとおり、トップ層でシグマがほぼマストピックであることを示しています。尚、使用率100%はマッチ毎に必ず両チームにそのヒーローがいる計算になり、50%ならマッチ平均でどちらかのチームにそのヒーローがいる計算になります。

GM帯のDPSに関しては結構割れてまして、最も高いドゥームフィストで7.42%(使用率約45%)、次いでシンメトラが3.08%、リーグでもメタ入りしているリーパーは1.63%となっています(DPS6位)。この辺りはまだかなりの数のユーザーがロールロック導入後もOverbuffのデータに反映していないと思うので、今後大きく変わる可能性もあるかと思います。