【オーバーウォッチリーグ】米司法省が反トラスト法違反の疑いでOWLを調査


米国司法省の反トラスト法(独禁法)担当部局がオーバーウォッチリーグのソフト・サラリーキャップ制度について調査を開始したとDot Esportsが報じています。

この調査を担当している弁護士はすでにOWLの元従業員数名に接触し聞き取り調査を行ったそうです。調査の中心となっているのがOWLにおける選手組合の欠如であり、組合がないOWLはNFLやNBAなどに認められた組合との合意に基づく「制限的取引慣行」が許されない立場にあります。ドラフトやサラリーキャップといった制度はこの「制限的取引慣行」にあたります。