Blizzardが『オーバーウォッチ 2』のローンチ遅れを報告―リリースは2023年で確定か?決算報告と著名記者のコメントから明らかに


追記:
最初に書いた記事が寝起きだったこともあり内容が錯綜していたため改めて記事を書き直しました😅

—————

本日、Activision Blizzardが2021年Q3の決算報告を公開し、その中でOverwatch 2とDiablo IVのリリースが当初予想していたよりも遅れることが明らかにされました。

来年もコンテンツ配信の充実に努める一方でOW2/D4のローンチ遅れとこれに伴う2022年増収予測の見送りを報告しており(つまり来年のリリースはなしということかと)、詳しい延期の理由については述べられていないものの、セクハラ訴訟にともなう退社騒動などが影響していたようです。

業界の情報通ことブルームバーグ誌のJason Schreier記者からはOW2/D4どちらも来年のリリースはまずないとのコメントがありました。信頼の置けるジャーナリストなので2023年(以降)はほぼ確定と考えてよいでしょう。

ちなみにOW2の正式発表があった2019年のBlizzConから丁度今日で丸2年ということになります。

主な遅れの理由についてOW2はプロデューサーの自主退社とD4についてはセクハラ不祥事に関わったことで解雇されたジェシー・マクリー氏のディレクター交代劇によるものだそうです。

2019年のBlizConでOW2発表を事前にリークしたMetroは、下記事でも取り上げたようにOW2の2022年リリースはないだろうとの内部情報を以前ツィートしていましたが、こうなるとただの与太話として片付けるわけにもいかなくなりました。

あくまでも個人的な予想ではありますが、2022年内中にベータテスト始動で2023年のQ2までには正式リリースではないかと思います。

尚、OWL来年4月開幕時点でのOW2初期ビルド採用については計画どおり行われることが今回の決算報告で明らかにされています。