「OWCS DreamHack Dallas Major」出場全8チーム短評

本日の雑記(1/30🔄17:30)OWのアプリケーションエラーについて /トレーサーのリコールにさらなるバグ?/ ラマットラのポケモンバトル 他

Overwatch

Rage Hackに遭遇しても淡々とプレイする先日トロント入りが決まった元ショックのS9mm。

Rage Hackは隠す気のないあからさまなチートや、試合中負けが込みはじめると、怒りのあまりチートをONにすることを意味します。


ヴァロラント転向表明後、久しぶりにSNSを更新した前フロリダのXziのクリップから、ガーディアンの全弾HSエース。

今のところチームに入ったというニュースはないようですが、リーグ出身選手では最もヴァロラントでの活躍が期待されている選手の一人です。


As a solo player, i got matched vs. 4-stack, three times in a row, easily losing every single match. Absolutely failed matchmaking! from Overwatch

3戦連続で4人PTと当たってしまったというソロプレイヤーの投書。3試合とも味方全員ソロQだったようで、全ての試合何もできずに負けてしまったそうです。

以前にも同じようなポストを紹介した気もしますが、以下、コメント欄の反応です。

—————

「OW1では誰がグループを組んでいたのか分かったんだけどね、廃止されたのが残念」

注:OW1のロールQ実装時に既に廃止されています。

「マッチに参加してるプレイヤーの実力すらわからないからね」

「このゲームはあらゆるモノを隠して、ひどいマッチメイキングをごまかすことで僕らを弄んでいるんだよ」

「グループを組んでいるプレイヤーは味方や敵チームで明らかに弱いプレイヤーを見つけたら回避リストに入れる。多分君が彼らの回避リストに入れられたから何度も当たったんだろう。グループなら誰か一人が君を回避リストに入れれば回避できるからね」

「というか誰がグループを組んでいたかなんて分かるの?」

↑「今はグループ招待を送らないと判別できない。相手がグループを組んでいる場合は招待できないからそれで分かる」

シーズン3からはより透明性を高めたランクシステムを目指すということなので、ここで挙げられたような不満をどれだけ解消できるかで、開発の本気度も見えてくるのではないかと思います。


この問題を解決するには、次の手順に従ってください。

  1. デスクトップ版Battle.net Appを開いて、左側のオーバーウォッチをクリックします。
  2. オプションのドロップダウンメニューをクリックしてエクスプローラーで表示を選択します。
  3. Overwatchフォルダを開いて、Overwatch Launcher.exeOverwatch.exeを削除します。
  4. Battle.netで、オプションのドロップダウンメニューをクリックしてスキャンと修復を選択します。

リコールしたものの、何故かグラビティフラックスの餌食になってしまうGQOトレーサー。

下の事例はもっと極端で、完全にULTの範囲外に脱出したにも関わらず、ULTの影響を受けています。

I took damage from Sigma’s ult even though I recalled from its range. from Competitiveoverwatch

同様の報告はほかにもありますが、先日はリコールがヘルスパック取得を無視するというバグもML7の検証で見つかっているので2、シグマではなくトレーサー側の問題ではないかと思います。


boy i love season 2 from Overwatch

マーシーが愛情込めて育てたラマットラのポケモンバトルがいいね13,000を越える話題に。

2匹の戦いを見守るプレイヤーとトレーナー役のマーシーという構図が多くの人の笑いを誘ったようです。


Twitchドロップが切れてしまったOW2の視聴者数。おそらくオフピークとはいえ、リリースから半年も経たずにこの数字はなかなか悲惨なものがあります。

同時間帯は日本国内では鯖落ちしていたようですが、NA鯖ではとくに問題なくプレイできてましたね。

脚注:

  1. ヘルスパックのバグについては、OW1初期の頃からある症状との報告も一部にはあります。
  2. ヘルスパックのバグについては、OW1初期の頃からある症状との報告も一部にはあります。
Overwatch
d3watchをフォローする
d3watch.gg
タイトルとURLをコピーしました