OWWC 2019 – カナダ代表がトライアウト参加メンバーを発表


OWWC 2019 – カナダ代表が最終メンバーの7名とバックアップ5名の最終ロスターを発表。

タンク:

XQC(Gladiators Legion)、Moufiin(無所属)、Dunkz(GE Academy)、Note(ダラス)

DPS:

Ezire(Second Wind)、Surefour(グラディエーターズ)、Mangachu(トロント)、Akaydia(無所属)

サポート:

Zholik(GRUNTo Esports)、Crimzo(Team Envy)、Bani(ヒューストン)、Autumnsouls(ハリスバーグ大学)

Agilitiesは今日のトライアウトには参加できなかったそうで、次回は参加予定とのこと。

[訂正/追記] 2020シーズンの一部詳細が明らかに


OWL来シーズンの一部詳細が複数のメディアのリポートによって明らかになったようで、そのまとめ(※既にリーグ側からメディア向けに発表があったそうです)。

[訂正]

カンファレンスとディビジョンの説明が逆になっていたので訂正。

————

  • 2020シーズンはおおよそ2月~8月にかけて開催、2019シーズン同様に各チーム28試合を行う。
  • 各チームはホーム開催となるウィークエンド(ホームスタンド)を少なくとも計2回開催。
  • 上記ウィークエンドは今シーズン開催されたDallas HomestandやAtlanta Homestandと同様のフォーマットで2日間で複数チームが対戦。
  • ダラスは最大となる5回のホームスタンドを開催するが、2020シーズンに5回開催するフランチャイズはダラスを含めて5チーム。
  • 来シーズンもディヴィジョン制は維持されるが、アトランティック、パシフィックのカンファレンスがさらに2つのディビジョン、計4ディビジョンに分割される。各ディビジョンは5チームで将来の参入チームの余地も残している。

続きを読む

ステージ3終了時の各チームSR


ステージ3プレーオフ終了時点の各チームのCaptainPlanet式(実質公式)イローレートと、それをスキルレートに換算できるデータ。

プレーオフ開幕までプラチナだった上海は一気にマスターへとランクを上げています。尚、ブロンズ帯はワシントンが唯一のチームという結果に。

Wolfが考えるメタヒーローのパイオニア


Wolfがメタヒーローのパイオニアとなったプレイヤーを列挙。上海のDdingを新たにファラのパイオニアとして挙げている。

プレイヤーの多くはAPEX時代の実績がもとになっているようですが、ソンブラのGuardだけは異論が多いようで、RascalやEsca、そしてプロシーンではじめてピックしたとされるTwilightの名前をあげる人もいます1

その他、トレーサーにSBB、バティストにRascal、ドゥームにSp9rk1e、ボールにAmeng、そしてホッグにはEvermoreといった意見まであり、この手の議論は尽きないようです。

バティストの回復グレネードを反射して体力を回復するゲンジ


Genji can heal himself deflecting Baptiste’s secondary fire from r/Overwatch

バティストの回復グレネードを反射するとゲンジ本体の体力が回復するという検証動画。

バティストがリリースされた当初のPTRでは、反射で味方は回復できないという検証結果もありましたが、反射した本人には適用されるようです。バグか仕様かは不明。

ショックのCrustyコーチの試合後コメント


[gatamchun] Crusty on stream: since the players make it to the finals match each stage, it’s been very stressful. My health has also worsened, my blood pressure isn’t good, bc of the repetitive lifestyle. I’m going back to Korea aftee this stream and I’m gonna go see a doctor. from r/Competitiveoverwatch

Gatamchunさんが、上海戦を終えたショックのCrustyコーチの配信コメントを要訳していたのでその抜粋。

————

オアシスではArchitectにDdingのファラ、StrikerにDiemをマークするよう指示したが、実際には1対1の状況になることがほとんどなかった。

マップ1でDPSミラー構成が上手く機能していれば、StrikerとArchitectを下げることはなかっただろう。

率直に言ってViol2tのアナよりも自分のアナのほうがマシ。
続きを読む

S4が総額1万ドルのTisumiアートコンテストを開催


Surefourが擬人化された自身のaltアカウントである”Tisumi”のアートコンテストを開催。賞金は総額1万ドルで、ヘアカラーが紫という意外はとくに制限はないようです。

ちなみに、TisumiはS4がAionでプレーするキャラクターに、女性のような名前を付けようと適当に思いついた名前だそうです。