【オーバーウォッチ2】無印のベータテスト期間からOW2リリース時期を考察


先日、OW2の年内リリースの可能性はもうないだろうとのリークを流していたMetroですが、来年4月に開幕するOWLがOW2初期ビルドを採用予定であるというニュースを聞いて、むしろリークが間違いであったことが証明されよかったと思うとコメントしています。

一方で、「初期ビルド」が示す範囲は内部テスト~クローズドアルファ~アルファ~クローズドベータ~オープンベータと広く、ビルドの詳細や来年4月に一般プレイヤーがアクセスできるのかも分からない状況では正式リリース時期について話すのは時期尚早としています。

初代OWはクローズベータが2015年10月27日にスタートし、いくつかの段階を踏みながら最終的に2016年4月25日まで行われました。この間丁度6ヶ月です。

その後5月初旬に予約購入者向けのアーリーアクセスも含めて数日間だけオープンベータが行われました。発売日はクローズドベータ終了から約1ヶ月後の2015年5月24日です。

無印はクローズドベータから正式リリースまで約7ヶ月を要しているわけですが、仮に来年4月のOWL開幕時に採用されるOW2初期ビルドがクローズベータにも満たないような状態であった場合、正式リリースまでさらなる月日がかかる可能性は十分考えられます。

ゼロから作り上げた無印と同列に語ることはできないものの、来年4月の初期ビルドの状態次第では、正式リリースは早くて2022年のホリデーシーズン、最悪の場合Metroのリークどおり2023年明け以降ということまで覚悟しておけばガッカリせずに済むでしょう。