本日の雑記+3(9/28)引退を考えていたショックのSmurf 他

今季のグランドファイナルを制した上海のMoonコーチ曰く、戦術を考える上でサッカーや孫氏の兵法書を参考にしたとのこと。

サッカーの中盤でのポジショニングや連携はOWに応用でき、使用した戦術もサッカーを参考にしたもので、フィールド上での動きに例えることで選手たちは役割を理解することができたという(~ファイナル終了後の優勝インタビューから)。


グランドファイナル視聴リワード(30分以上)のスプレー1は今後のパッチで配布予定とのこと。

明日未明にアップデートが配信されると見られていますが(おそらくMaleventoマップ)、その中に含まれているかは不明。

シーズン中のトーナメントスプレーは配布まで1ヶ月近くかかることもありました。


Flying Bastion on Oasis using Symmetra and Mei from
Overwatch

テレポート後も慣性を引き継ぐポータルの仕様を利用してありえない高さからガトリングを掃射するバスティオン。詳しいやり方は過去記事参照。


サンフランシスコ・ショックのSmurfがシーズン中に引退を考えていたことを明らかに。睡眠時間が減り、食事が摂れず将来について考えることが嫌になったこともあったとのこと。

そんな中で周囲の励ましを受け、特にCrustyコーチは同選手をビーチやラスベガスに連れていくなどして大きな助けになってくれたそうです。

シーズン中はTwitterのプロフィールからショックの画像が消えるなどファンを心配させることもありましたが、本人は来季もプレーを続ける意向を明らかにしています。


4季連続でグランドファイナルの実況を担当したUberが2021シーズン終了にともないフリーランス宣言。

とはいえ、リーグとは毎年シーズン契約であることからオフシーズン中は他タイトルの実況を行いつつ、来季にはまたOWL実況に復帰することが予想されている。


北米を拠点にするEvil GeniusesにコンテンダーズNAでプレーしていたBoostioが加入。KarasunoやSkyfoxesなどでプレーしていたヒットスキャン。

脚注:

タイトルとURLをコピーしました