【オーバーウォッチ】3月22日のエクスペリメンタルカード内容(OWL公式版)


『Flash Opsーエクスペリメンタルカード・トーメント』(現地3月26日~)で採用されるバランス調整がOWL公式サイトで正式に明らかなりました。

今回の調整に際しては、現役リーガーのSBB、Soon、Spaceや人気ストリーマーのFranをはじめコミュニティを代表して6名のパネラーが参加。開発主任デザイナーのGeoff Goodman氏も交えパネラーのディスカッションによって採用決定しました。

採用された調整は現地22-29日1にゲーム内の「エクスペリメンタルカード」として実装され、26-28日に開催されるコミュニティトーナメントはこのバランス調整で試合を行います。

今回のエクスペリメンタルカードについてはリテール版(正式版)には適用する予定がないことが事前に明らかにされています。22日-29日にゲーム内で実装されるエクスペリメンタルカードは通常の実験とは異なりライブ環境への正式採用は予定していないそうです。

エクスペリメンタルカード実装日までにOW公式サイトでもパッチノートがリリースされると思います。

Ana

  • Max ammo increased from 12 to 14
    (ライフルの弾薬が12から14に増加)
  • Nano Boost can be used on Ana by hitting the interact key (default F)
    (セルフナノが可能に、インタラクトキーで使用)

Ashe

  • Dynamite damage reduced from 100 to 90
    (ダイナマイトのダメージが100から90に減少)

Baptiste

  • Regenerative Burst healing reduced from 75 to 65
    (リジェネ・バーストトの効果が75から65に減少)
  • Immortality Field no longer protects teammates to a minimum of 20% health—minimum changed to 1 health
    (イモータリティ・フィールドで保護される最低ヘルスが20%から1HP)

Bastion

  • Self-Repair increases movement speed by 25% while in use
    (自己修復中の移動速度が25%増加)

Brigitte

  • Inspire healing to teammates removed when Brigitte is eliminated
    (インスパイアの味方への効果も本人死亡により終了)

D.Va

  • Boosters duration increased from 2 to 3 seconds
    (ブースターの持続時間が2秒から3秒に増加)

Doomfist

  • No changes

Echo

  • Duplicate: when ultimate ends, Echo will be healed to half health instead of full
    (デュプリケート終了時のヘルス回復量は満タンではなく半分)

Genji

  • Alternate fire spread reduced from 9 to 8 meters
    (セカンダリ攻撃の拡散が9㍍から8㍍に減少(距離は着弾地点での拡散範囲?距離ではなく角度?))
  • Dragon Blade: when Genji gets a kill during his ultimate, the duration is increased by 1 second
    (竜撃剣中のキルにより持続時間が1秒増加)

Hanzo

  • Dragon Strike:
    • Movement speed increased by 20%
      (竜撃波の移動速度が20%増加)
    • Damage increased by 20%
      (ダメージが20%増加)
    • Distance before the dragon forms from the arrow shot lowered from 10 to 5 meters
      (矢が放たれてから竜が実体化するまでの距離が10㍍から5㍍に短縮)

Junkrat

  • Concussion Mine minimum damage increased from 30 to 35
    (コンカッション・マインのダメージが30から35に増加)

Lúcio

  • Soundwave cooldown increased from 4 to 6 seconds
    (サウンドウェーブのCDが4秒から6秒に増加)
  • Crossfade:
    • Radius increased by 50%
      (クロスフェードの範囲が1.5倍)
    • Effectiveness is increased by 20% at close range, falling off to -50% at maximum range
      (フェードの効果は近距離で20%増加し距離が離れると最大で-50%まで減少)

McCree

  • No changes

Mei

  • Maximum ammo increased from 120 to 140
    (弾薬が120から140に増加)

Mercy

  • Killing blows reset Guardian Angel cooldown
    (キリングブロー(ファイナルブロー?=キルログ表示)によりガーディアンエンジェルのCDがリセットされる2

Moira

  • No changes

Orisa

  • Protective Barrier:
    • Health increased from 600 to 700
      (シールドの容量が600から700に増加)
    • Cooldown increased from 10 to 11
      (CDが10秒から11秒に増加)

Pharah

  • New Passive: Damage taken while airborne decreases by 5% and damage taken while grounded increases by 10%
    (パッシブスキル:空中での被弾ダメージが5%減少し地上では10%増加する)

Reaper

  • Shadowstep voice line removed
    (シャドウステップ中のボイスライン削除)

Reinhardt

  • Earthshatter: stuns closer targets for up to 3 seconds; maximum range targets stunned for the normal 2.5 seconds
    (アースシャッターの持続時間が近距離のターゲットで最大3秒、最大距離ではこれまでどおり2.5秒)

Roadhog

  • No changes

Sigma

  • No changes

Soldier: 76

  • Helix Rockets:
    • Can hold 2 charges
      (ロケットのストック数が2発)
    • Damage reduced from 40 impact + 80 explosive to 30 impact + 50 explosive
      (ダメージ(直撃+爆風)が120(40+80)から80(30+50)に減少)
    • Self-damage scalar reduced from 50% to 40%.
      (自傷ダメージは元ダメージの50%から40%に減少)

Sombra

  • Hack:
    • Activation time increased from 0.65 to 1.15 seconds
      (キャストタイムが0.65秒から1.15秒に増加)
    • Duration increased from 5 to 6 seconds
      (持続時間が5秒から6秒に増加)
  • Translocator cooldown triggered when used or destroyed (as it used to) and is reduced from 6 to 5 seconds
    (トランスロケーターのCDは以前のように使用/破壊時にはじまり、6秒から5秒に減少)

Symmetra

  • Turret travel speed increased from 15 to 20 meters per second
    (タレットの移動速度が毎秒15㍍から20㍍に増加)

Torbjörn

  • Turrets
    • Can hold 2 turrets
      (タレットを2台所有可能)
    • Damage and health of turrets reduced by 40%
      (ダメージとヘルスは40%減少)

Tracer

  • Health increased from 150 to 175
    (ヘルスが150から175に増加)
  • Recall cooldown increased from 12 to 14 seconds
    (リコールのCDが12秒から14秒に増加)

Widowmaker

  • Venom Mine:
    • Damage increased from 75 to 120
      (ヴェノムマインのダメージが75から120に増加)
    • Duration changed from 5 to 6 seconds
      (持続時間が5秒から6秒に変更)
    • Trigger radius increased from 3 to 4 meters
      (検知範囲が3㍍から4㍍に増加)

Winston

  • Armor increased by 15 and health reduced by 15 (total pool is the same)
    (アーマーが15増加しヘルスが15減少、トータルHPは変わらず)

Wrecking Ball

  • Size reduced by 15%
    (キャラクターサイズが15%減少)
  • Ammo reduced from 80 to 70
    (弾薬が80から70に減少)
  • Grappling Claw cooldown increased from 5 to 7 seconds
    (グラップリングのCDが5秒から7秒に増加)
  • Adaptive Shield no longer prevents enemies from generating ultimate charge
    (自己シールドに対するダメージでも敵のUTLがチャージされる)

Zarya

  • Projected Barrier range increased from 30 to 34 meters
    (味方へのバリア射程距離が30㍍から34㍍に増加)

Zenyatta

  • Transcendence speed multiplier increased from 2x to 2.3x
    (心頭滅却の移動速度が2倍から2.3倍に増加)

【オーバーウォッチ】現在は入手不可能な限定スキンのカタログ(2021/4/9現在)


今後再販や再配布がない限り入手不可能な限定スキン(レガシー)をまとめたカタログを作りました。全ヒーロー共通を除いても約50種類近くあります。

「オーバーウォッチ リーグ – グレー」、「チャレンジイベント」、「ケリガン」など一部のスキンは未入手だとフィルターをかけてもヒーローギャラリーのリストには表示されません。

【改訂】オーバーウォッチの歴史(工事中)


[aside type=”normal”]まだ編集作業中で完成は当分先になります。[/aside]

ここで紹介するオーバーウォッチのタイムラインは英wikiに掲載されているものを翻訳したものです。

記述の中には[要出典]とされた項目もあり、必ずしも全てが正確ではない可能性があります。

また、オーバーウォッチではストーリー上の歴史的出来事に具体的な日付が記されているわけではなく、あくまでも21世紀後半に設定された「現在/今」の数年前、もしくは数ヶ月前に起きたものとして提示されています。

この時間軸としての「現在/今」は少しずつ未来へと進んでいるようで、オープンベータ前には短編アニメの『Recall』が公開され、その後に公開された『Alive』、『Dorangons』、『Hero』といったアニメは基本的にそれ以降の出来事や最近の歴史を補完する内容になっています1

従ってここで紹介するタイムラインは、あくまでもヒーローの公式プロフィールとこれまで公開されたストーリー/ロアやリードライターのコメントがもとになっています。大まかに考察したものとなっているため、いくつかの出来事は時系列が前後する可能性もあります。―2021年3月

レジェンド達の誕生

62年前

  • シーブレン・デ・カイパー(シグマ)が誕生。

61年前

  • ラインハルト・ウィルヘルム(ラインハルト)が誕生。

60年前

  • アナ・アマリ(アナ)が誕生。

約58年前

  • ガブリエル・レイエス(リーパー)が誕生。

57年前

  • トールビョーン・リンドホルム(トールビョーン)が誕生。

約55年前

  • ジャック・モリソン(ソルジャー76)が誕生。

48年前

  • マコ・ラトリッジ(ロードホッグ)が誕生。
  • モイラ・オデオレイン(モイラ)が誕生。

45年前

  • アカンデ・オグンディム(ドゥームフィスト)が誕生。

約40年前

  • メイ=リン・チョウ(メイ)が誕生2

39年前

  • エリザベス・カレドニア・“カラミティ”・アッシュ(アッシュ)が誕生。

38年前

  • シマダ・ハンゾー(ハンゾー)が誕生。

37年前

  • アンジェラ・ジーグラー(マーシー)が誕生。
  • ジェシー・マクリー(マクリー)が誕生。

36年前

  • ジャン=バティスト・オーギュスタン(バティスト)が誕生。

35年前

  • シマダ・ゲンジ(ゲンジ)が誕生。

33年前

  • アメリ・ラクワ(ウィドウメイカー)が誕生。

32年前

  • ファラ・アマリ(ファラ)が誕生。

オムニッククライシスとオーバーウォッチの誕生

30年以上前

  • オムニカ社がオムニウム(自律式製造工場)を建設。
  • オムニウムが複数の国で建設される。
  • SST研究所がシージ・オートマトン・「バスティオン」ラインの製造に着手。
  • ナイジェリアのオムニウムが警備ロボットOR 14「アイディーナ」ラインを製造。
  • オムニウムの生産率は複数の不具合発生によりオムニカ社が約束したものを下回る。
  • 不正行為により捜査を受けたオムニカ社が解体され、全てのオムニウムが閉鎖。

30年前

  • SST研究所が平和維持兵器としてE54シリーズ バスティオンを導入。
  • 複数のオムニウムが自発的に再起動し、バスティオン・シージ・オートマトンやロボット兵器の大量生産を開始。
  • オムニウムで製造されたオムニクス軍団がロシアへの侵攻を開始。これがオムニック・クライシスの始まりとなる。
  • オムニックによる侵攻は他国にも拡大。
  • バスティオンとして知られることになるシージ・オートマトンE54のオムニックが製造される。
  • オリビア・コロマール(ソンブラ)が誕生。

29年前

  • ウィンストンが誕生。

28年前

  • アレクサンドラ・ザリアノヴァ(ザリア)が誕生。
  • サティヤ・ヴァスワニ(シンメトラ)が誕生。

29~27年前

  • ロシアのヴォルスカヤ・インダストリーズがオムニックの襲撃に対抗するため、有人ロボットのスヴャトゴールを開発。
  • ドイツがオムニックの侵攻に対抗するため、クルセイダーズを編成配備。
  • ラインハルト・ヴィルヘルムがクルセイダーズに加入。
  • 米国がオムニックの侵攻に対抗するため強化兵計画を実施。
  • ジャック・モリソン(ソルジャー)とガブリエル・レイエス(リーパー)が強化兵計画で訓練を受ける。
  • オムニックの侵攻を撃退しようとした国際的な試みがすべて失敗に終わる。
  • オムニックの侵攻に対抗し続けるため、国連はオーバーウォッチ・ストライクチームの結成を提案。
  • バルデリッヒ(オーバーウォッチの一員として選ばれていた)がB73 バスティオンとOR14 アイディーナの襲撃を受けて負傷死亡。死の瀬戸際でラインハルトを自身の後任としてオーバーウォッチに任命する。
  • ジャック・モリソン、ガブリエル・レイエス、アナ・アマリ、ラインハルト・ヴィルヘルム、トールビヨン・リンドホルム、ミナ・リャオがオーバーウォッチに採用される。
  • ガブリエル・レイエスがオーバーウォッチの初のストライク・コマンダーとなる3
  • オーバーウォッチが対オムニック戦で戦果をあげはじめる。

26年前

  • オーバーウォッチの活躍によりオムニックを統率する制御プロトコルが破壊され、オムニック軍の大半が無力化される。
  • オムニック・クライシスの終焉が宣言される。
  • オーバーウォッチは平和維持部隊としてその形を変えはじめる。ジャック・モリソンがガブリエル・レイエスの代わりとなるオーバーウォッチの正式な指揮官に就任、レイエスは新たに組織された秘密部隊ブラックウォッチの指揮官に転属。
  • レナ・オクストン(トレーサー)が誕生。
  • ルシオ・コレイア・ドス・サントス(ルシオ)が誕生。

25年前

  • ジェイミソン・フォークス(ジャンクラット)が誕生。

23年前

  • トールビョーンがトルコのイスタンブールでの作戦行動中に大怪我を負い左腕を失う。
  • ブリギッテ・リンドホルム(ブリギッテ)が誕生。

20年以上前

  • リーパーが各地の武力紛争に姿を現しはじめるが、理念はなく特定の組織への忠誠も示していない。
  • ブラックウォッチがデッドロックギャングの構成員だった当時10代のジェシー・マクリーをおとり捜査で捕らえ、ブラックウォッチに参加するか刑務所に入るかの選択を迫り、彼が参加を受け入れる。

20年前

  • ゼニヤッタとして知られることになるオムニックが製造される。

オーバーウォッチの『黄金時代』

19年前

  • ハナ・ソング(D.VA)が誕生。

約19~10年前

  • ヒマラヤの奥地に逃れたオムニックの集団がオムニック僧侶のテカルサ・モンデッタに導かれる。人間とオムニックの調和に尽力した彼らは世界的な名声を得る。
  • 修行僧の一人ゼニヤッタが寺院を去り世界放浪の旅に出る。
  • オーストラリア政府はオムニウム施設とその周辺地域をオムニックに譲渡。マコ・ラトリッジ(ロードホッグ)らの地元住民らは立ち退きを命じられる。
  • 故郷を奪われた地元住民を中心に組織されたオーストラリア解放戦線がオムニック施設を襲撃。
  • オーストラリア解放戦線がオムニウムの融合炉を破壊したことによりアウトバック一帯が汚染される。
  • ブラックフォレストで眠っていたバスティオンが覚醒。